コマームチャイルドケア・くすのき台の記事一覧

新元号になりましたね。
早いもので、もう5月も終盤に差し掛かっています。
コマームチャイルドケア・くすのき台では、
こいのぼりなど季節の製作やさまざまな遊びをしました。

製作では折り紙で、てんとう虫の形を折りました。
羽を広げるようにして、飛んでいる様子を表したり、
網を持った人の絵を描き、
折ったてんとう虫の近くに貼り、
虫捕りの様子を表現したりするなど
工夫している子どもたちのイメージの豊かさに驚きました。

こいのぼり製作では、あらかじめ片側を切ったトイレットペーパーを用意し、
子どもたちはそれに折り紙を巻き付けていきました。

少し難しい尻尾の部分(折り紙に切れ込みを入れ、
尾の形に添って折り紙を裏に折りこみ貼り付ける)
も、スタッフの説明を聞きながら丁寧に作っていました。
完成した体に目やうろこをつけていきました。
皆それぞれ、うろこの枚数や向きなど貼り方をを工夫したり、
目の向きやまつげなどで表情を工夫したり、、、と
オリジナルのこいのぼりが完成しました。

デスクベルでこいのぼりの曲にもチャレンジしました。
自分で好きな音を選び、演奏しました。
始めは音を追うのに必死でしたが、何度かやっていくうちに、
だんだんと慣れ、友だちのパートの部分も教えてあげたり、
2つの音を担当するなど、上手になっていきました。

母の日製作で、花束メッセージカード作りもしました。
好きな色の折り紙を選び、
その折り紙に、あらかじめ用意しておいた折り紙の茎や、
花紙の花びらを組み合わせ、
お母さんへの“ありがとう”の気持ちを込めて書いたメッセージを貼り、作りました。

 

完成したものをお母さんに渡す際には、
ちょっと照れてしまうこともあったようですが、
頑張って作ったプレゼント、喜んで受け取ってもらって、
子どもたちも嬉しかったと思います。

風が心地よく、とても過ごしやすい季節ですね。
外で元気に体を動かしたり、季節の活動をしたり、
楽しく過ごせたら、と思っています。

保育士 鈴木 周作(6)

 

3月はひな祭りや進級、卒業などの季節ですね。
早いものであっという間に年度末ですね。
コマームチャイルドケア・くすのき台でも春を感じられる活動を行っています。

折り紙を使った吊るし飾りや壁面装飾などをしました。

こちらでは、桜の壁面装飾をやっています。
考えていた点としては、
①春を感じられるもの
②達成感のあるもの
③継続して続けられるもの
でした。

今月は折り紙を折ったり貼ったりし、菜の花を作りました。
室内の壁には画用紙で作った桜の木を用意し、そこに毎日ここに遊びに来る度に
一人一つずつお花紙を折って桜の花を貼っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は花が咲いていませんでしたが、日を重ねるごとに少しずつ
くすのき台の桜も開いてきました。
「桜が咲いてきたね!」と子ども達と一緒に喜んでいます。
子どもたちも、「どこに貼ろうかな」「今日はここに貼ろうかな」と、真ん中の
方から貼っていったり、端っこから貼っていったり、、、皆のセンスが
とっても光っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラ板でキーホルダー製作もしました。自分で好きな絵を描き、穴あけパンチで穴を空け、
オーブンで温めました。熱で形が変わっていく様子に子どもたちは興味津々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、糸を通して素敵なキーホルダーができました。
自分で作ったオリジナルのキーホルダー、大切に使ってもらえるといいですね。

来年度も子どもたちの意欲や興味を大切にしながら、季節の活動など、
スタッフ、子どもたち一緒に楽しく過ごしたいと思います。

保育士 鈴木周作(5)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー