日時:7月28(土)・29日(日) 21:00~22:30

場所:玄関前広場、プラネタリム室、天体観測室

 

今年は天文の当たり年!

 

児童センターでは未曾有の大接近となった2003年以来、15年ぶりに大接近する火星の姿を2階天体観測室でとらえます。

 

さらに観望の時期にある木星・土星、金星や月を玄関広場前の望遠鏡で観望。プラネタリム室ではスライドショーで地球に近づく火星の生態を学びます。

 

28日は台風接近に伴う安全確保のため中止となり迎えた29日。

 

職員の予想を大きく上回り、1時間半で何と!230人の来館がありました!

 

館内の螺旋階段は観測室望遠鏡を待つ人の列が途切れませんでした。

 

玄関では望遠鏡を待つ間に職員による星空直接解説に聞き入るお客さんの姿がありました。

 

プラネタリウムを見終えて観測室に来た親子は

 

「温度の低い白い部分が見えた!」「火星が揺れてる!」「15年ぶりにしては小さい・・」

 

等知識を生かして楽しんでいました。

 

天文ボランティアのみなさんには遅い時間の開催にもかかわらず、たくさんお集まり頂きありがとうございました

 

ボランティアさんが楽しそうに星座解説をすると嬉しそうに聞き入る親子の姿が多くみられました。

 

「もっと見たい!」「また来る!」

 

夜のテンションもあり子どもたちは興味津々に目を輝かせていました。

 

今月18(土)・19(日)19時~20時30分まで夏休み天体観望会~惑星大集合~が行われます。

 

めったにみられない星空を大型望遠鏡でご覧頂くチャンスです!

 

「なんで赤く光ってるのかな?」「空から地球を見てみたい!」

 

子どもたちが抱く小さな疑問や興味が将来の大きな糧になるかもしれません。

 

費用は無料、事前申し込みも必要ありません。是非足をお運びください!お待ちしております!

 

保育士 大熊良太(3)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー