児童館こいのぼりがいっぱいプロジェクト

 

 

あすぱるは今年も、こいのぼりを掲揚することで

震災を忘れず、被災した子どもたちに元気を届けることを参加者の皆様に説明し、

「児童館こいのぼりがいっぱいプロジェクト」に参加させていただきました。

  

色を塗ってくれたのは、

のびのびアートに参加した乳幼児親子と

幼児クラブの親子です。

 

絵の具では、スポンジや手のひらでぺたぺたと色塗り。

  

1つ完成すると、

「もういちまい ぬる!」

と2つ目のこいのぼりを塗ってくれる子もいました。

クレヨンでは、うろこも目もカラフルに!

 

こいのぼりは様々な形でかざっています。

のびのびアートのこいのぼりは あすぱるの木に。

  

幼児クラブのこいのぼりは 水色の真鯉とオレンジの緋鯉を先頭に

川をすいすい泳いでいるように飾りました。

 

上を泳ぐこいのぼりを見て、

「こいのぼりが たくさんあるよ! すごいねー!」

「あれ わたしのこいのぼり!」

と目をキラキラさせながら見上げる子もいました。

 

全国の子どもたちの健康と成長を祝うと共に、

被災地に元気がたくさん届くことを祈っています。

 

 

 

児童厚生員  三浦 千知 (1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー