利用者支援事業 子育て相談講座「トイレトレーニング」

30年6月1日(金)  25組57名参加

今年もたくさんの親子さんに参加いただき、室内も熱気あふれる講座になりました。

冒頭は今回、参考にさせていただいた本(やさしいおむつはずれ)の中から

「おむつははずすではなく、はずれていくもの。保護者の方の関わりやトレーニングが悪いから取れない、

ということではなく身体の成長です。」というお話しからさせて頂き講座を始めました。

 

 

さて始めるには・・・

・1人で歩けるようになる

・かんたんな言葉がわかるようになる

・おしっこの間隔があくようになってきた

こういうお子さんの成長が見られたらスタートの目安です。

 

講座ではお子さんの身体の発達に合わせた「おむつはずれ」のステップ1~4と

その時期に保護者の方にしていただくと良い関わりなど付け加えながら伝えていきました。

 

お子さん同室なので、途中

「ノンタンのおしっこしーしー」

「ぷくちゃんのすてきなぱんつ」を読みながらすすめました。

集中してみているお子さんも多く、これからスタートする親子にとって、ひとつのツールなったらいいなと思いました。

 

 

後半では先輩ママさんの体験談として、現在4歳になるお子さんがトレーニングの際どんな様子であったか、

どう進めていったかをお話しいただきました。

 

お母さん方も前のめりになるように聞き入っており、やはり体験者のお話しは力があるなぁと感じました。

 

個別の相談も多く、ご家庭によって状況や悩みが違うので、スタッフと一緒に

それぞれに合わせたやり方を考えていきました。

 

アンケートからは

「だいぶ構えていましたが、肩の力が抜けて出来そうな気がしてきました」

「成長に合わせてで大丈夫なんですね、焦らず進めます」

「体験者のお話しが聞けてとても良かった」

の意見が多かったです。

保護者の不安がすこしでも減ってもらえると嬉しく思います。

 

これからも利用者支援事業では

「イヤイヤ期のお子さんとの関わり」や「歯のお話し」

などの講座を予定しています。

少しでも親御さんの気持ちに寄り添うお話しが出来ればと思っています。

 

保育士  佐藤和子(4)

 

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー