2月22日(土) 14:00~16:00

場所 多目的室

参加者 幼児2 小学生27 計29名 親12

ボランティアさん(川口北高生6 先生1)

 

川口北高の生物部の皆さんによる「高校生ふれあい授業」が、今年も行われました。

生物部の皆さんは、このふれあい授業のために、沢山の事前準備をし、

午前中授業がある日でしたが、元気に来館して下さいました。

参加者の小学生達は、「今日はラムネを作るんでしょ!!」と意欲満々に部屋に入ってきました。

 

いよいよ授業の始まりです。

高校生は、ちょっと緊張気味に自己紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生達は真剣に耳を傾けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ラムネの作り方を説明します!」と高校生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

説明の後、高校生たちが作った「ラムネ」の試食です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「わ~~!」 と子ども達はワクワク。

味見をすると

「シュワシュワする~!!」

「おいしい~!」

「ラムネだ~!!」と大歓声。

 

そしていよいよラムネ作りです。

高校生が、コーンスターチ、砂糖をプラカップに入れてくれました。

その後、クエン酸、重曹を投入・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

よーく混ぜて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

「固まってきた!!」

「ラムネのにおいがする」

どの子も真剣にかき混ぜています。

 

「ちょっとなめてごらん」

 

 

 

 

 

 

 

 

「わ~ラムネだ!」

クエン酸と重曹が、化学反応を起こしていたんですね。

 

第2弾は、

スライム作りです!

プラコップに洗濯のりを入れ、好きな絵の具を選んで投入。

次は、お湯に溶かしたホウ砂を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・ぐるぐるぐるぐる、箸でかき混ぜ

 

 

 

 

 

 

 

「なんだか固まらないよ~!!」

「どれどれ」  優しく教えてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かき混ぜを手伝ってくれたり、ホウ砂液の配分を調節してくれます。

 

 

 

「固まってきたよ~!」

 

 

 

 

 

 

 

 

スライム出来ました~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、どうしてスライムが出来るのかを、教えて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生の皆さんからは、

「子ども達との接し方に悩みましたが、

笑顔で接してくれて、そんな姿に救わました。嬉しかったです!」

「今年の反省を生かし、また来年はもっと良い『ふれあい授業』をしたいです!!」

との感想が聞かれました。

 

共に育ちあった、『ふれあい授業』  とても素晴らしい物でした!!

小学生にとって高校生はまさに、憧れの存在でした。

川口北高生物部の皆さん、ありがとうございました!!

また来年!! 宜しくお願い致します。

保育士 増子 順子 (5)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー