南小あすぱるエコクラブ~竹林間伐たけのこほり~

4月28日(日)10:00~

 

今年も、たけのこほりの季節になりました。

斜面林の竹林は、地域の皆様が定期的に手入れをし、保護して下さっています。

その竹林の間伐を兼ねて、エコクラブで毎年行っているのが、たけのこほりです。

また、自分たちで掘ったたけのこを食べることで、自然や食の恵みに感謝する行事でもあります。

今回も、多くの子どもたちや保護者の方々にご参加いただきました。

 

竹林へ向かう前に、あすぱる顧問より新所長並びに新スタッフの紹介があります。

続いて、菊次先生、井原さん、自然観察員横山さんより、たけのこや掘り方についての説明を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

竹林では、子どもも大人も、たけのこを掘るのに悪戦苦闘している様子。

お父さんやお母さんから、

 

「大きいので、掘り起こすのを手伝って頂けますか?」

 

というお声が、次々にかかります。

子どもたちからは、

 

「見て見て!こんなに大きいのが獲れたよ!」

 

と、嬉しい報告が相次ぎました。

掘ったたけのこは、お手伝いのお母さんたちが、天ぷらにしてくれます。

また、七輪を使って、自分で焼きたけのこをつくるコーナーも大盛況でした。

「掘ったばかりのたけのこは、灰汁抜きをしなくても大丈夫なのね。」

「ごはんに合っておいしい!」

 

自分たちで収穫したたけのこの料理を囲み、親子の会話も自然と弾みます。

子どもや保護者の方々の嬉しそうな笑顔を見て、こちらも思わず嬉しくなりました。

 

今年は、「たけのこが少ないかも」という心配もありましたが、実際には多くのたけのこを収穫することができました。

また、小学校の先生方、地域の皆様、保護者の皆様には今年も多大なご協力を頂き、感謝致します。

これからも、子どもをまん中に、地域の皆様との繋がりを大切にしていきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

 

常勤職員 田中永幸(6)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー