8月7日(水) 13:00~14:30

参加者 小学生14人 中学生3人 大人2人 計19人

 

夏休み恒例の科学遊び。

今年は、「飛ぶ種の模型を作ろう」と題して、科学名人が行って下さいました。

これから始まる科学の不思議に、子ども達の表情は真剣そのものです。

飛ぶ種の模型????  と、疑問をもって参加した子もいた様で、机の上には色々な物が入った袋が・・・

 

 

 

 

 

 

まず最初に、見せたのは「松ぼっくり」の種。

上から落とすとひらひらと旋回して飛びます。その模型をはさみとクリップで作りました。

「回った~!」と子ども。

「回転しない子は、種に見立てたクリップの位置を変えてごらん」と名人がアドバイス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の種は「にわうるし」です。

今度は、ホチキスが種の役割になり、クルクルと回転していきます。

 

 

 

 

 

 

 

3番目は「らわん」。

羽付きの羽のように重りの種が下になり縦に旋回します。

種はシールなのですが、葉の反り方によって旋回が出ないことがあり、よく旋回するには反り方を考えなければいけません。

反る角度や、羽の開き具合を、何度も試し、よく回る方法を試します。

 

 

 

 

 

 

4番目は、「あおぎり」です。

あおぎりは、葉が内側に丸まっていています。

紙にはさみを入れ、葉の下の部分を重ね合わせて貼りその形を作っていきます。

側面に幾つかついている種は、シールで代用。シールを付ける位置によって回転が違ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

最後は、グライダーみたいな、「あるそみとら」です。

真ん中に丸い種があり、軽い葉に乗ってグライダーの様に、ながーく飛び続けていきます。

上手く風に乗るとかなりの遠くまで飛んでいきます。

 

 

 

 

 

 

「種の重さ(シールを貼る枚数)変えたらどうなるか、

風の強さ(実験では飛ばすための手の強さ)によって、飛距離が違います。試してください」と名人。

「すごーい ずいぶん長く飛んでる!」

「シール2個は重いのかな?」

子ども達は、シールを、付けたり貼ったり、いろいろ試していました。

 

終了後、「羽を大きくしたり、重りを変えたりして、飛距離を記録すると、面白い自由研究になるよ!」

とのアドバイスも頂きました。

 

 

 

 

 

 

きっと難しい原理があるんだろうと思いますが、実際に作り飛ばすことで、楽しみながら科学を学べた時間となりました。

楽しいく自由研究を進めていくヒントになったらと思います。

楽しい科学をありがとうございました!

保育士 増子 順子(5)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー