戸塚児童センターあすぱる クッキング ~手打ちうどんを作りましょう~

日時:1月18日(土)

場所:多目的室

人数:小学生8名、幼児2名、大人6名、ボランティア1名

 

1月のクッキングは毎年恒例の手打ちうどん作りです。

地域の方との交流を深め、ボランティアさんが子ども達に手打ちうどんの良さを知ってもらおうと

知識や技術を伝える機会にもなっています。

 

作り方の説明を聞いてから早速スタートです。

まずは、粉(薄力粉:強力粉)の中に塩水を入れて混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は手にべったりついてしまい、なかなかまとまらず苦労していました。

ボランティアの茂木さんから

「おいしくなあれという気持ちを込めるとおいしくなるんだよ」と

教えてもらい、子ども達は一生懸命、生地をこねていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にビニールシートの間に生地をはさんで足で踏みながら柔らかくしていきます。

初めは恐る恐る踏んでいた子ども達、慣れてくると力を入れて踏めるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に長い綿棒で生地を伸ばします。

茂木さんがやると簡単そうに見えるのですが、実際やってみるとなかなか大変!!

手を離すとすぐ元に戻ってしまいます。

何度も繰り返すうち慣れた手つきで伸ばしはじめた小学5年生のK君とT君

まるで職人のようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地を慣れない包丁で切るのは大変でしたが、細いものもあり、

太いものあり・・・手作りの良さが出ていたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加していたお母さん達も

「見ているのと実際にやるのでは全然違いますね」

「難しいですね」

と話していました。

みんなで切ったうどんをお母さん達に茹でてもらい、

鶏肉、しいたけ、ネギの入った手作りのつけ汁でいただきました。

うどん作り名人、茂木さんの手作りのつけ汁は子ども達から大絶賛でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で作ったうどんの味は格別だったことでしょう。

子ども達は

「おいしかった」

「初めてのうどん作りは大変だったけど楽しかった」

と笑顔で話してくれました。

ボランティアの茂木さんと一緒に食べたくてお誘いに来てくれた1年生のKちゃん

とても微笑ましい光景でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

おなかもいっぱいになりどの子もみんな満足顔!!

親子のふれあいを楽しむ機会にもなりました。

ご指導いただいた茂木さん、ありがとうございました。

 

保育士    佐藤和恵(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー