春の小学生卓球大会

日時:4月5日(金)2:30~3:30 小学生9人

新中学生となる子どもたちにとっては、今回が最後の小学生卓球大会となります。

参加は新中学生が7名、新4年生、新3年生が各1名の、合計9名での大会です。

なるべく多くの試合を経験してもらいたく、

まずはAグループ5人、Bグループ4人に分かれてのリーグ戦を行いました。

そして各グループ1位同士で決勝戦、2位同士で3位決定戦を行うルールとしました。

 

子どもたちにとって、グループ分けの抽選はドキドキするもの。

「う~ん、ぼくはB組だ!」

「うわ~!〇〇君と同じ組になっちゃったよ~!」

色んな声があがりました。

卓球大会ですので勝敗は大切です。

ただし試合を通して、“勝っておごらず・

負けてくさらず”試合後には相手を敬うことも、

学んでもらえたらと思います。

 

さて、試合は両グループとも熱い戦いが繰り広げられました。

4年生と3年生も、最後まで諦めずに上級生に立ち向かっていました。

「さすがに強いね!」「おしかったよ!」など、

試合後には、お互いの健闘を讃える言葉も多く聞かれました。

決勝戦は、冬の大会でも優勝を競った2人となりました。

白熱した対戦は、10対10でデュースに突入。

「見ているこっちがドキドキしちゃうよ」

そんな声が観戦していた子どもから呟かれました。

試合は3回のデュースの末に決着。

2人を讃えて、観戦していた子どもたちからは

盛大な拍手が沸き起こりました。

 

表彰式終了後、「ちょっと、練習していこう」すぐに卓球台に向かう姿も見られました。

新中学生となるこの学年には、卓球が好きな子どもが多かったです。

「中学では卓球部に入る」そんな声も聞かれます。

中学生になって、さらに卓球が上手くなった姿を見せに来てくれたら嬉しいです。

また、この日は卓球部の中学生3人が審判を引き受けてくれました。

そのおかげでスムーズに進行ができ、助かりました。

ありがとうございました。

 

児童厚生員 近藤俊明(3)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー