「ココニカクレレバミツカラナイダロウ…」

「ミンナヲオドカシテヤロウ…」

おや?誰の声でしょうか?

 

それはさておきまして1月28日(土)わんぱく節分ひろばが行われました。

参加者は幼児7名保護者8名小学生ボランティア4名の計19名で、

製作や身体を動かす活動を通して節分を楽しむということで今回の行事を行いました。

 

 DSC06640

『1,,1234!』リズミカルな歌に載せて 

〇手遊び「かみなりどんがやってきた」

みんなで上手に身体を隠せたら…「「「セーフ!よしっ!」」」

 

「あ、あそこになにかいるよー!」

と後ろの壁を目を凝らしてよーく見てみると…。

あっ!青鬼くんが

なるほど最初の声は小鬼くんだったのですね。

よーし、いたずらするならやっつけちゃうぞ!

 

〇小鬼さんはどこだ?

みんなの手には豆シール。

『豆を鬼に投げる時はなんて言うんだっけ?』

「おにはそと!」

 

おにはそとを言いながら小鬼さんにぶつけていこう!

みんなでかわるがわる「おにはーそと!」ペタッペタッ

「モウダメダー…」

やっつけた小鬼さんが何か言いたそうです。なになに…。ふむふむ…。

まだ児童センターの中にはあと5人の仲間がいるんだって!

みんなで今みたいに退治してこよう!

手には豆シール。小さい鬼さんなら怖くないぞ!

DSC06647  DSC06648

「ここにもいた!」

「あれ?どうしてもみつからない…」

「ぜんぶみつけたよー!」

すべての子鬼さんを見つけ、やっつけたこどもたちの顔は得意げ。

 

あれ?こんなところにトラ柄の…

パンツ!?

しかも大きい!

そしてちらっと外を見てみると…

わぁ!大きい鬼さんが!?もしかしたらパンツを探しているのかな?

大変だ!このままでは鬼さんが児童センターのみんなのところに来てしまうよ!

 

うーん、相手は大きいからこのままじゃ…。

そうだ!逆に鬼さんの力を借りちゃおう!

ということで鬼さんが身に着けているものを自分たちも作ります。

 

〇お製作

・パンツ

・金棒

・ツノ(?)

 

黄色のビニール袋を使って作るパンツ。

「やっぱりトラがらだよね」

「かわいくしようかな」

幼稚園の子たちは自分でペンを持ち、小さい子たちはパパママに手をもってもらいながら作っていました。

 DSC06651 

「えいっ!やあ!」

新聞紙を丸めて作った、こん棒も様になっています。

 

そして、なぜか違う部屋に置いてあった角をつければ…。

どうやらみんなの道具は揃ったようです。

鬼さんぐらい強くなったかも?

 

 

でも親分鬼さんは体も大きいし大丈夫かな?心配だよう…

 

〇紙芝居「まめまきまかせて」

紙芝居に登場するまあちゃんは、鬼さんが怖くて投げられないけど、他のみんなが頑張っている姿を見て…。

「たこさん!」

「ぞうさんそれじゃあ噴水だよ!」

食い入るように見つめている子どもたちも、まあちゃんとおんなじ気持ちなのでしょうか。

勇気をチャージし、あとは

「鬼さんなんて怖くない、やっつけるぞー!」

の気持ちを込め、新聞紙を丸めて…準備完了!

よーし!いつでもこーい!

 

ドンドンドン!

その時ドアが激しく叩かれ、赤と青の親分鬼さんが姿を現しました!

大きいし、動くのも早そう…。

みんなは大丈夫かな?

 

 DSC06662  DSC06666

「おにはーそと!」

お父さんから離れられない子も遠くから

「おにはそと…」

心配をよそに、親分鬼さんにもどんどん豆をまいていきます。

次第に動きの鈍る親分鬼さん。

よーし、みんなで最後の一まきだ!

「「「おにはーそと!!」」」

 

うわー、勘弁してくれー!

 

やった!親分鬼さんもやっつけたぞー!

 

……

…………

今回の活動では小学生たちもボランティアとして、工作の準備や活動を盛り上げる(自分たちが目いっぱい楽しむ)などのサポートをしてくれ、お父さんも(なにかは言えませんが)協力して下さいました。

本当にありがとうございました。

 

また、たくさんの活動を通して、お父さん(お母さん)とふれあうことができ、

節分の知識…まではいかなくとも、体感することができたのではないでしょうか。

…………

……

 

 

無事に親分鬼さんもやっつけたみんなは、

年の数だけ福豆を食べたみんなは今年も一年元気に暮らしたとさ。

めでたしめでたし!

 

 

児童厚生員 宍倉鉄平(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー