日時:・・・4月28日(土)

参加・・・小学生8人幼児1人大人2人

 

今回のおり紙教室は松沢さんが担当してくださいました。

松沢さんは、おりがみ教室が始まる前の打ち合わせでは、

「大丈夫かしら。小学生には簡単かもしれない。」

と、おっしゃっていました。

 

今回のテーマは、折り紙で作るこいのぼり。

好きな色を選んで、おり紙スタートです!

 

 

お父さんと来た年長の女の子、もくもくと折って進めていきます。

 

お母さんと来た1年生の男の子は、工作大好き。工作にたくさん来てくれているだけあって、お母さんに教わりながら1つ1つ丁寧。

真剣です。

 

 

あまり折り紙が得意ではない2年生の男の子が、

「どうやるの?」

と松沢さんにお願いして、折り方を教えてもらいます。

松沢さんが優しく教えてくれるので、その子は、

「ねえねえ、ここは?」

と何度も話しかけながら、苦手なおりがみに挑戦!

 

基本の折り方をマスターした子はアレンジにうつります。

みんなの個性が光ります!

 

どんなアレンジかというと・・・

まず、おり紙が苦手だと言っていた男の子。なんと折った鯉に耳をつけたのです!

それを見て松沢さんは

「素晴らしい!いいアイディアね。」

と、顔がほころびます。

 

いつも参加しているメンバーはおり紙を色んなサイズに小さくして、小さな鯉を作ります。

 

 

大きいのから順番に並べたり、大きな鯉に小さな鯉を乗せたり、工夫が止まりません。

それぞれ、竹ひごに折った鯉をつけて、素敵なこいのぼりが完成しました。

 

終わりの時間が近づいても、

「もう少し!まだやりたい。」

と真剣に取り組むみんな。

 

 

そんな様子を見て、松沢さんは、

「簡単すぎてすぐに終わってしまうかとおもったけど、私の方がみんなから教えてもらいました。とても楽しかったです。」

と言っていただきました。

 

松沢さんと子どもたちの和気あいあいとしたやり取りの中、個性的なこいのぼりが出来上がり、みんな大満足のおりがみ教室でした!

 

この日のために色々とご準備下さった松沢さんありがとうございました。

 

次回は6月23日(土) 2:00~3:00です。

皆さまの参加をお待ちしております。

 

保育士 中西 奈津枝(3)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー