日時 3月23日(土)10:30~11:30
参加人数 幼児42人 小学生12人 大人37人 合計91人
今年の観劇会はマジックをみんなにみてもらおう、ということで“彩たまマジッククラブ”をお呼びしました。
出演は“彩たまマジッククラブ”の増永さんとあきさん
2人のマジシャンが交互にマジックを見せてくださいます。
まずはあきさん
3つの黒い輪を動かし、
黒い輪がレインボーに変わったり、スカーフがでてきたり、変化する度に会場から歓声があがります。
花のマジックではかわいい花がいくつも出てきたり、なくなったり、色が変わったり・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つぎは
増永さんの登場です!!
増永さんが「だれかお友達に前に出て手伝ってもらおうかな?」
と会場に向かって話すと

「はい!はい!!」「やりたい~」
と指名してほしい子があちこちで「ぼく(私)を指して〜〜!」
と一生懸命手を上げます。
会場のなかから選ばれた小学生がお手伝いをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

増永さんの手には1冊の本がありページをめくっていと

白い紙、白い紙・・・・。

次に手渡されたお手伝いのAちゃんがめくると

あら、不思議!!

金魚の絵が出てきました。

更に、増永さんがおまじないをかけ、Aちゃんが本を丸め金魚鉢にかざしたところ・・・

なんと!!本物の金魚が水槽の中にポトン、ポトン・・・。

会場から「うわ~!」と歓声が挙がりました。

次に会場から選ばれた親子は、増永さんが持っているカードから“赤色”を選んだのですが

未開封のパンの袋を開けて1つのパンをつかみ二つにちぎると

あら不思議!!

中から赤色のスカーフが出てきました。

その他いろいろなマジックが出てきましたが、どれもこれもアッと驚くものばかり・・!!

そして

最後の技はテレビでもみたことのある、空中マジック!!
会場から選ばれたのは1年生のMちゃん
イスの上に乗せられた台にのり、
増永さんが台を引き抜くと・・・・、
空中にMちゃんが浮かんでいるではありませんか!!
会場からも思わずどよめきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

空中に浮かんだⅯちゃんは一体何が起こったのか?

不思議そうな顔をしていました。

不思議な世界に包まれた1時間があっという間に終わり

最後は増永さん、あきさんと一緒に記念撮影にたくさんの列が出来ました。
マジックショーに参加した子に感想を聞くと、「楽しかった」 「面白かった」

「不思議だった」が多く

中でもあるお母さんは、「素晴らしかった、思った以上だった、また呼んでください」

と興奮冷めやらぬ様子でした。

今回参加した子ども達やお母さん方を見ていると

間近で生で見る劇やマジックショーは、驚きや感動などより見る側の心に入っていく

様子がひしひしと伝わってきました。

芝児童センターではこれからも皆さんの心に残るようなイベントが企画できたらと思います。

保育士  中村葉子 (3)

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー