みなさん、こんにちは。

 

昨日は関西3府県で緊急事態宣言が解除され、

今週は市内の小中学校も学校再開に向けて、

登校日が設けられましたね。

 

みなさんとの再会まであともう少し!という感じでしょうか。

 

さて、今回はスーパーなどでもだいぶ見慣れるようになった、

フェイスシールドを作ってみましたので紹介します。

 

ここまで防備するとなると、

ちょっと抵抗があるかもしれませんが…

この方もつけてみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外とかっこいい!

 

そしてこのフェイスシールド、簡単に作ることができました!

 

用意するものはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

カードケース、すきまテープ、

ヘアゴム、ビニールテープ。

はさみ、定規、穴あけパンチ。

 

材料はすべて100均で揃います。

 

1.まず、カードケースケースを切り取ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

1枚のカードケースから2枚とれるので、

親子分作れますね♪

 

2.切り取ったシールドの上部にすきまテープを貼ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

3.テープの両脇に穴あけパンチで穴をあけ、ゴムを通します。

 

 

 

 

 

 

 

 

4.シールドの下部に保護用のビニールテープを貼り、完成!

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナウィルスから少しでも身を守るため…

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなものを作ってみて、

感染予防への意識が高められればと思います。

 

子ども達がつけると、

まるで戦隊レンジャーになった気分?!

新型コロナウィルスもシャットアウト!!

 

ただ、これからの暑い季節、

着用の際には熱中症にお気をつけください。

 

***

 

マスクも嫌がってなかなかつけてくれない…という話も耳にします。

児童館でもお鼻を出したままつけている子どももいて、

注意することもしばしば…。

 

なぜマスクをしなければいけないのか…

まず、大人がしっかり見本をみせることも大切ですね。

 

そして、

「病気になっちゃうよ!」と怖がらせるのではなく、

「ちゃんと予防していれば大丈夫」と、

安心させてあげることが大切です。

 

マスクも最近は手作りも増えてきたので、

お気に入りの布で作ってあげたり、

ワンポイントを入れてあげたり。

工夫次第で、マスクも嫌がることなくつけられるようになるといいですね。

 

あともうひとふんばり!

 

保育士 北田 奈巳(4)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー