日時:10月11日(木)、12日(金) 午前10時00分~11時30分

参加人数:りんごグループ 9組、いちごグループ 14組

場所:ひかり児童館 集会室

 

ひかり児童館では、2歳児の幼児グループの活動を行っており、

4月~10月の期間、全17回のプログラムを組んでいます。

木曜日のりんごグループは10組、

金曜日のいちごグループ15組の親子で行っていました。

 

先月の11日、12日の活動最終日、修了式を行いました。

 

時間になり、みんなが集まると、いつもの通り、

おはようのうた ♪せんせいとおともだち を歌い、

出欠しらべ、どうぶつ体操を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

どれも最後の歌、最後のお返事、最後の体操かと思うと、

今までの子ども達の姿が思い浮かび、

この半年間、本当に成長したなぁと感じました。

そして、「最後の〇〇だよ」という言葉に、

子ども達も元気に歌を歌い、返事をし、体操ものびのびと行っていたように思います。

 

最後の活動のこの日の出席シールは、ピカピカと金色に光るシール。

みんな「やったー!」と嬉しそうに最後のシールを貼りました。

 

そして、修了式。

名前を呼ばれると、お母さんと前に出てきて、

館長から「修了のことば」を読み上げてもらい、修了証書をもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと緊張した面持ちの子ども達です。

 

前の週にお母さんと一緒に色塗りなどをして仕上げた証書は、

「修了のことば」が加えられており、

また、染めた和紙は証書入れのカバーになったので、

修了証書と証書入れを受け取ると、

子ども達はお母さんと一緒にそれらをじーっと見つめたり、

証書入れに貼ってある手型やメッセージなどを読んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、館長からのお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

館長からの言葉に、涙するお母さんもいらっしゃいました。

 

修了式の後は、茶話会。

おやつバイキングで子ども達はワクワク、ウキウキ♪

お母さんたちの会話も弾みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶を飲みながら、お母さんたちにはこの半年を振り返っていただき、

ひとりひとりお話してもらいました。

 

「友だちの名前を覚えて家でも話をしています」

「りんごグループでやったことをパパに報告してます」

「はじめのうちは児童館をいやがることもあったけど、

最近では楽しみに行くようになりました」

「恥ずかしがりやなのですが、家ではどうぶつ体操を踊っていました」

などなど…

児童館ではうかがうことのできない子ども達の姿や、

中には、

「お母さんせんせいでは、

今まで話す機会がなかったお母さんと話合いをしたり、楽しかったです」と、

お母さん自身の楽しかった話など、

貴重な話を色々うかがうことができました。

 

そして、幼児グループの最後は…

最後の♪さよならあんころもち

 

元気にさようならの歌を歌い、

みんなでハイタッチをして、幼児グループは終了となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

4月から10月まで、あっという間だった17回の活動。

この半年を振り返ってみると、

本当に子ども達は心も体も大きく成長しました。

 

初めの頃は部屋から出ていってしまったり、

名前を呼ばれても返事ができなかったり。

でも、活動を重ねていくうちに、

「ぼく(わたし)はりんごグループさん」

「わたし(ぼく)はいちごグループさん」

という意識をもてるようになり、

朝のうたを歌い、お名前を呼ばれて、体操したあとは、

今日はなにをするのかな?という表情でこちらをうかがっているのを感じました。

 

そして、お母さんや、時にはお父さんも一緒に色々な活動を楽しめたことは、

子ども達にとっても、よい思い出になったことでしょう。

 

今後は、自主グループとして活動していく予定ですが、

これまで一緒に過ごしてきた友だちと、

これからもどんな楽しいことが待っているのかな?

 

私たちスタッフも、

これからも成長し続ける子ども達の笑顔を楽しみに、

自主グループとして活動していく子ども達とお母さんたちを支援していきたいと思います。

 

保育士 北田 奈巳(6)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー