日時:4月9日(火) 14:00~16:00

参加者:小学生 74名

場所:みどり児童館 児童室

 

みどり児童館の生活クラブは、本館・別館合わせて定員200名のお子さんをお預かりしている

市内でも規模の大きな生活クラブです。

今年度の第一生活クラブは、1年生44名、2年生29名、3年生6名、4年1名、合計80名

のお子さんが、本館で元気に過ごしています。

また、みどり児童館生活クラブでは、年間を通してさまざまな行事を行っており、

子どもたちの主体性を尊重した活動を行えるように心がけています。

 

入学式や始業式の翌日である4月9日。

今年度はじめての行事となる「新入生歓迎会」を行いました。

今回の「新入生歓迎会」では、上級生から

「みんなで1年生を歓迎したい!」

という声が挙がり、春休み期間を利用して準備を進めました。

 

司会進行をしたい子。。。

インタビューをしたい子。。。

プレゼントを渡したい子。。。

出し物やゲームをしたい子。。。

何をしたらいいかわからない子。。。

 

いろんな子がいる中、3年生から

「ちゃんと話し合って決めよう!」

と提案があり、話し合って役割分担をすることができました。

どの係になったらいいのかわからない2年生に、

「一緒にやろう。」

と声をかけてくれる3年生。

昨年、上級生にしてもらったことを自然と下級生にできることにとても感動しました。

 

プレゼント係さんからは、

「買ったプレゼントだけじゃつまらないから、メダルをプレゼントしたい。」

との話があり、おりがみ手裏剣メダルを作りました。

おりがみ手裏剣の作り方を知らない子には、知っている子が一生懸命教えてくれました。

みんなのがんばりがあり、準備も万端!!

当日を迎えました。

 

「これから 新入生歓迎会を 始めます。」

自然と拍手が。。。

司会の子どもたちは、自分たちで書いた原稿を見ながら、進めました。

時々、緊張のため進行を間違ってしまうと、すかさず他の司会者からフォローが。

「ちょっと間違えました。もう一回、やりま~す!」

そのフォローで、司会者だけでなく、新入生も職員もリラックスすることができました。

 

新入生へのインタビューの様子です。

「名前を教えてください。」

「好きな色は何色ですか?」

「どんな乗り物が好きですか?」

1年生も一生懸命考えて答えました。

「ぼくは、そらのいろがだいすきです。」

「スポーツカーがすきです。」

「スペースシャトルがすきです。」

など、そんな想像力豊かな答えに、上級生からも「おぉ~。」と歓声が湧きあがりました。

 

上級生からのプレゼントに、1年生も大喜び。

特に、手作りの手裏剣メダルには、みんな興味津々。

「ぼくのは、赤と黒!」

「わたしのは、きみどりとピンクだよ!」

ともらったメダルを見せ合いっこしている姿がとても微笑ましかったです。

 

上級生から、もうひとつのプレゼントとして、

『けん玉の出し物』と『缶積みリレーゲーム』がありました。

けん玉を披露してくれた2年生たちです。

歓迎会に向けて、一生懸命練習しました。

次々と技を決めていきます。

今度は、1年生から歓声が上がりました。

「すごーい!」

「どうやるの??」

また、緊張して技が決まらなかった時には、自然と

「がんばれ~!」と声が挙がりました。

声援を受けて、気持ちを立て直し、見事成功!!

子どもたちの団結力のすばらしさを改めて感じました。

 

缶積みゲームでは、1年生にもわかりやすいように、ゆっくり説明してくれました。

おかげで、ゲームも大盛り上がりでした。

班対抗戦だったため、班員同士で協力し、1年生からも笑顔がたくさん溢れていました。

最後は、毎年恒例の『みどりじどうかんのこどもたちが』の歌のプレゼントです♪

1年生の中にはメロディーを知っている子もいて、上級生の一生懸命歌っている姿を見ながら、

一緒に口ずさんでいました。

今年も、みんなのテーマソングとなっていきそうです。

今年もみんなのがんばりのおかげで、たくさんの笑顔で歓迎会を締めくくることができました。

 

今年度が始まり、あっという間に1カ月が過ぎました。

はじめは慣れない環境に緊張していた1年生でしたが、今ではすっかり慣れ、元気に登所しています。

そんな1年生に優しく接する上級生。

「自分たちもそうしてもらってきたから。」

と、上級生としての自覚が芽生えていることにも感動しています。

子どもたちの元気や優しさを大切に、職員一同がんばっていきたいと思います。

1年間よろしくお願いします。

 

放課後児童支援員  沢目 明日香(1)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー