日時:10月4日(木)
・11:00~11:30
・14:30~15:00

10月4日(木)「マーレまつり」が行われました。

今年のテーマは ~えほんのせかいを楽しもう~ です。

準備期間は約3ヵ月。

スタッフが知恵を出し合いながら取り組みました。

 

マーレまつりで利用者さんが楽しみにしているものの1つに

「にこにこタイム」があります。

いつものにこにこタイムを拡大して30分間のおまつりバージョンです。

午前と午後の2回同じ内容で行いました。

 

午前の部は約250名の親子さんがギュッと座ってくれました。

 

東松山市長、平塚所長があいさつされて、

「はじまるよ はじまるよ」の手あそびでスタートです。

 

今回のプログラムは人気の曲をおまつり用に変化させました。

 

「バナナの親子」はソーレマーレにあるバナナを持ち寄って

4家族計12本のバナナが登場しました。

たくさんのバナナに、「うぁー」という驚きの声と笑いをいただきました。

「はたらくくるま」は3パターンの絵を用意しました。

食べ物・生き物・乗り物です。

新作は乗り物。子どもたちはすぐに新しい事を気付いていました。

全部のクレヨンが並ぶ場面では演じ手のスタッフ6人が

一斉にクレヨンを出して息の合ったところを見せてくれました。

「アイアイ」はこの日のために腰みのと鈴入りボンボンを新調。

ハリのある腰みのは色とりどりで、12本のアイアイが元気に踊りました。

 

おまつり版にこにこタイムのメインは「劇おむすびころりん」です。

平塚所長がおばあさん役を熱演。

完成度の高いおばあさん役にママさんからも声をかけられていました。

おむすびが穴の中に転がっていきます。

中からねずみが出てきて、

みんなで「もちつきぺったん」の手あそびをしました。

マーレの子どもたちには昔話は少し難しいのかな、とも思いました。

親子で「おむすびころりん すっとんとん」と

あそびに取り入れ、昔話の入り口につながればうれしく思います。

 

 

おむすびころりんの後は「だるまさんが」の大型絵本。

みんながよく知っていて、上手にだるまさんのマネをして楽しみました。

 

最後は「虹のむこうに」

カラーポリをつなげた大きな虹を6人で持って

頭の上を通ります。

虹を見上げる子どもの笑顔が印象的でした。

 

おまつりという特別な日のにこにこタイムを

楽しみにしてくれている親子さんの笑顔がみたくて、

全スタッフで関わった30分間。

スタッフもとても楽しかったです。

保育士 北村満子(2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー