日時:H31年2月3日(日)
場所:ソーレホール
人数:117人  パパ22人

 

2月のパパ集まれは「節分・おに遊び」です。
昨年までは平日に行っていましたが、今年はパパ集まれとして休日に行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

所長から節分のお話しを聞き
「心の中のおにはそと!」のペープサートを見た後
ソーレの中にいる、泣き虫鬼・おこりんぼ鬼・好き嫌い鬼・風邪ひき鬼に
「鬼はそと!」と豆を投げました。

 

ソーレの豆まきは悪い鬼に豆をまいて退治するだけではなく
優しい鬼さんとたくさん遊ぶことで、子どもたちの心の中の困った鬼も退治します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色とピンクの優しい鬼さんの登場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてかわいい赤鬼さんと青鬼さんも登場。

今年はホール全体に5つのコーナーに分けました。

 

①鬼はそと!

赤鬼、青鬼にボールを投げてやっつけよう!鬼の口の中の入ったボールがコロコロ出てくるよう改良しました。
黄鬼が金棒を持って応戦します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②ボールでコロコロ鬼退治

ペットボトルの鬼をボールを使って倒します。小さいお子さんでも出来るようレールをつけました。
レールのおかげでボールのコースが定まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

③もぐもぐ

ゲートをくぐると平均台、ケンケンパの輪、足あとのコースがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベビーちゃんもチャレンジ

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとりでケンパも出来るよ

 

 

 

 

 

 

 

 

ママと一緒に平均台

 

 

 

 

 

 

 

 

大きい子は足あとをハイハイで

 

 

 

 

 

 

 

 

うさぎ、ねこ、雪だるまが口を開けて待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちは食べさせるのが大好き。何度も何度もままごとの食べ物を食べさせていました。

 

④鬼さんどうぞ

チラシを丸めて鬼のお腹に入れます。チラシを丸めるより、お腹に入れることの方が楽しかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤写真コーナー

2月の手作りおもちゃで作った鬼の帽子と不織布で作ったズボン、スカートを着て写真撮影。
ピンク鬼さんとハイチーズ!

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさん遊んで子どもたちの心の中から困った鬼がいなくなったことを確かめた後
赤鬼、青鬼をパパ達に退治してもらいました。

大きな豆を使って「鬼はそと!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5人ずつ4回行って鬼の顔はやっとにこにこになりました。

 

パパだけでなく「じいじでもいいですか?」と
おじいちゃんも一緒に参加してくださいました。
パパ、おじいちゃんの活躍にママも子どもたちもとても嬉しそうでした。

 

パパたちのおかげで困った鬼がいなくなり
最後はみんなで「鬼のパンツ」を踊りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もきらめき大学のボランティアクラブの皆さんが
「笑顔で優しい鬼さん」を上手に演じ、子どもたちと触れ合ってくださいました。
来館された親子もボランティアの方も、そして私たちスタッフも
笑顔でいっぱいの時間となりました。

ソーレでは毎月一回内容を変えて「パパ集まれ」を行っています。
まだソーレデビューをしていないパパが来館するきっかけになるよう
楽しい内容を考えていきたいと思います。

保育士 小笠原 里香(2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー