戸塚南小あすぱるエコクラブ~ジャガイモの苗植え~

 

4月1日(日)10:00~

小学生8人・大人8人 参加

 

30年度の南小あすぱるエコクラブの活動が始まりました。

南小あすぱるエコクラブは南小の子どもだけではなく、

地域であすぱるに遊びに来てくれる人たちにも広く戸塚の自然を知ってもらおうと活動しています。

 

第1回目はジャガイモの苗を植えようです。

今回植えたジャガイモが収穫出来たら、カレーを作って食べるという目標です。

畑は戸塚南小の屋上をお借りしてファーム活動をするのですが、

初めて参加する人もいるので、屋上ファームの見学も地域ボランティアの井原さんの案内でさせていただきました。

 

畑はいつも井原さんが整えてくださっているので、

すぐに種イモを植えることができ、

その間大人の人が非常食の試食用にと七輪で大なべにお湯を沸かし、

井原さんが丹精込めて育てたホウレンソウ・からし菜・なばなを茹でておひたしを作りました。

非常食のわかめご飯は、災害時の炊き出し用のものですが、まさかの時に対応できるよう体験することができました。

 

採りたてのお野菜のおひたしはめんつゆで薄く味付けしたところ、

初めは

「ちょっとでいい・・」

と言っていた子も

「すごい美味しい!こんなにおいしい野菜は初めてだ~」

とおかわりしていました。

無農薬の採れたての新鮮な野菜は、ごちそうになることを教えてもらいました。

 

最後に今日の感想を一言づつ発表します。

「心に浮かんだままでいいんですよ」

何を言おうか考えている人に菊次先生がアドバイスしてもらうと

少し気持ちも楽になったようでした。

 

種イモから収穫できるまでの2か月間、ジャガイモを育ててカレーを作って食べることができるまでの学びを、

体験していきたいと思います。

 

井原さんこれからも宜しくお願い致します。

 

児童厚生員 杉浦真美 (7)