日時:平成30年2月2日(金) 午前10:45~11:30
場所:ホール、いるかの部屋

参加人数:32名

節分遊び当日はあいにくの雪模様でした。
午前10時を過ぎても親子2組ほどの来館のみ!?
雪の降り方や道の状態を心配していましたが

10時半を過ぎるころに次々と遊びに来てくれてホッと一安心しました。

いつものにこにこタイムの時間から
節分の由来や翌日の立春のことについてママたちに少しお話をしたあと
「泣き虫鬼や、バイ菌鬼を追い出すための豆まきだよ、みんなも鬼をやっつけよう!」と
「豆まき」の歌に合わせペープサートを見ながら踊ったら

ポンポンを豆に見立てて「鬼はそと~!鬼はそと~!。」とポンポンを投げるゲーム
スズランテープが子どもたちの頭上を通った時に手で叩いて鬼をやっつけるゲームで遊びました

 

それから全員で「鬼のパンツ」を踊り、これで鬼さんも悪いことをしなくなるかな?

鬼づくしで遊んだ後は工作タイムです。昨年も好評だった「柊いわし」作り。


柊の枝にいわしの頭を付けることが魔よけとして行われていたことを知らないママたちと
ワイワイと色々なお話をしながら親子で楽しい制作の時間となりました。
「できた~、おうちに持って帰ろう。」

ホールでも豆の代わりにボールを投げ入れるゲームで遊びました。

何度も入れては出てくる動きが楽しいね。

隠れた絵を探して遊ぶコーナーも大人気!

取っては、付けての繰り返しが魅力的なようです。

午後になると天候も回復して来館者の方も増えたので
数回に分けて柊イワシ作りを行い、皆さんに持ち帰って頂けて良かったと思います。

来年も工夫しながら大切な季節の行事として節分遊びを楽しみたいと思います。

保育士 熊井聖子(1)