2018年4月の記事一覧

日 時 :4月10日(火)14:00~16:00
参加者数:小学生107名
場 所 :みどり児童館 別館 体育室・集会室

みどり児童館第二生活クラブの120名は、
保護者のお迎えがあるまで別館で生活をしています。

今年度に入り、1ヶ月が経とうとしていますが、
第二生活クラブに入所した子どもたちは、
すっかり別館に慣れて、笑顔で毎日を過ごしています。

今回は、始業式及び入学式の翌日である4月10日に、
今年度から第二生活クラブに入所した子どもたちを歓迎する
新入生歓迎会を行ったので、その様子をお伝え致します。

新入生歓迎会実行委員の募集をしたところ、
3年生の男女3名ずつ計6名が立候補しました。
「みんなが楽しめる会にしたい。」
という目標をもって、実行委員は短い時間の中、
全員で協力し、役割分担をして、手際良く準備を進めてくれました。
 

新入生歓迎会当日。

 

プログラムは

 

1、新入生入場

2、はじめの言葉

3、新入生の紹介

4、だしもの

5、歓迎の歌

6、一年生合唱

7、館長先生の言葉

8、おわりの言葉

 

と、なっています。

 

最初に、昨年から在籍している子どもたちが、

今年度から第二生活クラブの仲間になる友だちを拍手で迎え入れます。

全員が入場したところで、新入生歓迎会が始まります。

テキパキ行動出来る男子が進行を担当し、

優しい女子が新入生にインタビューをしていきます。

新入生たちは緊張しながら、みんなに向けて挨拶をしました。

実行委員は心を込めて、

「おめでとう。」

と新入生に両手でプレセントを渡すと、

「ありがとう。」

と、新入生はプレゼントを嬉しそうに受け取りました。

  

新入生の紹介の後はだしものです。

・ボールパス回し

・けん玉

・短縄

・劇

・ジェスチャークイズ

 

という順番で発表します。

 

最初はボールパス回しです。

「僕が生活クラブに入って一番出来るようになったことは

ドッジボールだからみんなに見てもらいたい。」

と、清進小男子が普段の遊びを発表形式で披露しました。

練習時間もリハーサルもほとんど出来ない中、

今までの経験を活かして、堂々と発表をしました。

 

次はけん玉です。

2年生女子が、昨年度、一生懸命練習したもしかめを発表します。

音楽が流れている間、集中し、今までの練習の成果を

みんなに披露してくれました。

この後、プログラムの変更で館長からの言葉がありました。

新入生は本館に行ける機会がある事や、

第一生活クラブとの交流がある事を知ると、

「北小の友達に会える!」

と、嬉しそうにしている姿が印象的でした。

館長の言葉の後は、プログラムを戻して出し物の縄跳びです。

縄跳びは、清進小と北小の女子が発表をします。

自分の得意な技をそれぞれ披露した後、

2人1組になって2人跳びをしました。

中には今年度から第二生活クラブに入った子どももいて、

既にみんなで仲良く遊んでいる様子を見せてくれました。

 

次は清進小4年生全員による劇です。

学校の算数の授業を題材に、自分たちで台本を作りました。

4年生の仲の良さがみんなにも伝わり、

自然と周囲を笑顔にさせるような劇でした。

 

最後は新入生歓迎会実行委員によるレクリエーションです。

内容はジェスチャーゲームです。

最初は実行委員がジェスチャーでみんなにお題を伝えます。

 

みんなが慣れてきたところで、

新入生にもジェスチャー役をやってもらいます。

実行委員のお題を見ると笑みを浮かべて

みんなにお題を動きで伝えました。

どの問題も、みんなが当ててもらおうと

大きな声でアピールする程、盛り上がりました。

 

出し物の後は、歓迎の歌です。

2年生以上はみんなで『虹』を歌いました。

一年生はお礼に『一年生になったら』を

振り付けつきで歌いました。

 

おわりの言葉の後、みんなで記念撮影をして、

新入生歓迎会が終了しました。

 

新入生歓迎会の後のおやつの内容は、

実行委員が発案した、おやつバイキング&アイスです。

おやつバイキングは昨年度人気だったおやつを揃え、

その中から3種類好きな物を選んで取ります。

アイスは実行委員が職員と一緒に買い物に行って選んだ物を出します。

いつもより豪華で人気なお菓子ばかりなので選ぶのも楽しく、

食べる時もいつもより賑やかな時間となりました。

  

 

新入生歓迎会は子どもが中心となり、子どもの力で成功させた会でした。

今年度もたくさんの行事を行います。

今後も子どもの主体性を大切にした支援をしていきたいと思っています。

 

放課後児童指導員 宮寺 章太(2)

      戸塚児童センター あすぱる幼児クラブ

「はじめまして。」

4月16日(月) さくらんぼ組42組86名 みかん組41組88名

4月18日(水) つき組7組16名

4月19日(木)  もも組40組85名 りんご組36組78名

平成30年度、あすぱるの幼児クラブが始まりました。

今年度も2歳児クラスは、4クラス、180組の親子が参加します。

 

少し、緊張気味の子どもたち。

いつも、あすぱるに来ると、自由に遊んでいたけれど、今日は、みんなと一緒に活動をします。

所長の挨拶に、

「この間まで赤ちゃんだったのだから、無理しないでね。」

という、言葉がありました。

スタッフも、無理なく参加してくれるといいなぁと思っていたのですが

ほとんどのお友だちが、ハンドタッチやサンサン体操、手遊びを楽しそうに行っていました。

 

保護者の方からも、

「ずっと抱っこばかりのうちの子が、親から離れて、サンサン体操を踊っていたんです。

楽しそうなことは、親から離れてできるんだなぁって、感激しました。」

「手遊びをニコニコしながら、やっている様子をみて嬉しくなりました。みんなと一緒だとできるものなんですね。」

という感想をお聞きしました。

初めての幼児クラブで、早速、子どもの成長に気がつき、それを喜んで下さる保護者の方の声に嬉しくなりました。

 

みんなで、「大型絵本 はらぺこあおむし」をみました。

あおむしが、いろいろなものを食べて大きくなって行く様子を、興味津々で楽しそうにみています

季節は春。ちょうど季節にあったお話を楽しめました。

つき組さんのお友達は、絵本のストーリーに合わせて、折り紙でちょうちょを折りました。

ちょうちょになって、パタパタ。

みんなで楽しむことができました。

 

 

期待をもって参加して下さる保護者の方にお応えし、

子どもたちの成長の一助になれるよう、安心・安全に気をつけて1年間行っていきます。

スタッフ一同、心をこめて活動していきたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

保育士 反町 瑞香(3

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー