2018年10月の記事一覧

日時:10月4日木曜日
午前9時30分~午後3時
スタッフ:13名 ボランティア3団体 17名
応援3名(支援センタールピナス2名、事務局石塚さん)
参加者数:363名
テーマ:みんなおいでよ、あつまーれ!~えほんの世界を楽しもう~

マーレスタッフ間で7月頃からどんなテーマにしようか、どんな遊びのコーナーにしようかと
話し合いを重ね参考になるものがあれば集めて内容を詰めて行きました。

今年は絵本の世界、中でも日本の昔話を取り入れることに決定!

支援センターの対象へが0~3歳と小さいので昔話に触れる事は少ないと思い
お話の一場面を切り取り遊びに取り入れること、保護者にもこんなお話があったなぁと
関心を持って頂く事をねらいとし壁面飾り、遊びのコーナーで表現しました。

「はなさかじいさん」「さるかに合戦」の1シーンをダイナミックに表現

いつもの遊具が「きんたろうハウス」に変身しています。

ももたろう・おむすびころりん・うさぎとかめの「お話玉ころがし」です。
どの年齢の子も楽しく遊べました。

 

木のおもちゃのコーナーはうらしまたろう風の飾りつけにして
ゆったり過ごしてもらうスペースにしました。

思い思いに親子で遊んで頂くコーナーです。
「どうぶつの変身コーナー」と
小さな手作りのおもちゃがいっぱい詰まった「おもちゃの玉手箱」です♪

「ボールでオニたいじ!」
ボールを坂から転がして鬼の口に入れて楽しみます。

「おやさい抜いちゃおう」
畑からだいこん、にんじんを抜いて
たらいのお風呂に入れます。
みんな大好きで何度も繰り返し遊んでくれました。


その他多数の来館者が予想されましたので逃げ場所として
デッキと庭での外あそびが楽しくなるような仕掛けを
強い味方のソーレスタッフに担当してもらいました。

 

「ひみつのおへや」
ダンボール迷路をお部屋に見立てて部屋ごとに
仕掛けがしてあります。
くぐり抜けるだけでなくじっくり遊べるコーナーです。

 

りんごとみかんを取ったり外したり・・・
楽しいね。

「ふにゅ」
ソーレでもマーレでも変わらず人気のふにゅです。
ふとん圧縮袋が大きくて丈夫で遊んでも安心です。
スーパーボールを入れたら色がカラフルで
「インスタ映えだ」とママたちがたくさん写真を撮っていました。

お庭では三角コーンに人型の衣装を着せて所々に置きました。
引っ張るおもちゃで遊ぶのに目印があって効果的でした。

制作は手形と折り紙のコラボです。
手形を押した紙とかわいい折り紙や形抜きを貼って
自分だけのポップアップカードに仕上げました。
ボランティアさんも2団体のコラボで担当して頂きました。
私たちスタッフだけでは細やかな対応が出来ないので
本当に感謝です。ありがとうございました。

一日入館者数を初めて400人超えしました。
混雑するとわかって、小さなお子さんを連れて出かけて来てくれたと思うと
本当に嬉しく思います。
その気持ちに少しでも応えるべくボランティアさんの協力とスタッフ全員で
関わった一日でした。
無事に終わる事が出来ました。
また一年後のお祭りを楽しみにして頂けたらと思います。

保育士 平塚千寿加(3)

日時:10月4日(木)
・11:00~11:30
・14:30~15:00

10月4日(木)「マーレまつり」が行われました。

今年のテーマは ~えほんのせかいを楽しもう~ です。

準備期間は約3ヵ月。

スタッフが知恵を出し合いながら取り組みました。

 

マーレまつりで利用者さんが楽しみにしているものの1つに

「にこにこタイム」があります。

いつものにこにこタイムを拡大して30分間のおまつりバージョンです。

午前と午後の2回同じ内容で行いました。

 

午前の部は約250名の親子さんがギュッと座ってくれました。

 

東松山市長、平塚所長があいさつされて、

「はじまるよ はじまるよ」の手あそびでスタートです。

 

今回のプログラムは人気の曲をおまつり用に変化させました。

 

「バナナの親子」はソーレマーレにあるバナナを持ち寄って

4家族計12本のバナナが登場しました。

たくさんのバナナに、「うぁー」という驚きの声と笑いをいただきました。

「はたらくくるま」は3パターンの絵を用意しました。

食べ物・生き物・乗り物です。

新作は乗り物。子どもたちはすぐに新しい事を気付いていました。

全部のクレヨンが並ぶ場面では演じ手のスタッフ6人が

一斉にクレヨンを出して息の合ったところを見せてくれました。

「アイアイ」はこの日のために腰みのと鈴入りボンボンを新調。

ハリのある腰みのは色とりどりで、12本のアイアイが元気に踊りました。

 

おまつり版にこにこタイムのメインは「劇おむすびころりん」です。

平塚所長がおばあさん役を熱演。

完成度の高いおばあさん役にママさんからも声をかけられていました。

おむすびが穴の中に転がっていきます。

中からねずみが出てきて、

みんなで「もちつきぺったん」の手あそびをしました。

マーレの子どもたちには昔話は少し難しいのかな、とも思いました。

親子で「おむすびころりん すっとんとん」と

あそびに取り入れ、昔話の入り口につながればうれしく思います。

 

 

おむすびころりんの後は「だるまさんが」の大型絵本。

みんながよく知っていて、上手にだるまさんのマネをして楽しみました。

 

最後は「虹のむこうに」

カラーポリをつなげた大きな虹を6人で持って

頭の上を通ります。

虹を見上げる子どもの笑顔が印象的でした。

 

おまつりという特別な日のにこにこタイムを

楽しみにしてくれている親子さんの笑顔がみたくて、

全スタッフで関わった30分間。

スタッフもとても楽しかったです。

保育士 北村満子(2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー