2019年2月の記事一覧

2月18日(月) 9:00~11:30
川口市栄町青少年センター にて
おやこの遊びひろば研究会が開催されました。

《議題》
理念・セクションビジョン・スローガン・研究テーマ

1,  しあわせの共有
2.  会社より
3.  チーフより
4.  事例研究
5. 協議事項
・マニュアル確認(書類取扱い)
・31年度研究テーマ(案)
6. 連絡、報告事項
①研修報告(地域子育て支援拠点研修  中堅支援者向け)
②31年度職員シフト表(案)
7. その他
・おもちゃの取り扱いについて
8. 搬入係より

次回研究会 3月11日(月)
本社 9:30~11:30

今回はひろばの環境づくりやスタッフのより良い対応について意見を出しあい、学び合いました。
皆様に温かなおやこの場を提供できるよう、スタッフ一同今後とも頑張りたいと思います。

保育士  塩中 敦子(1)

「2月 季節の環境」

 

2月3日は節分。館内におにあそびが登場しました。

おにのくちにボールプールのボールを入れてあそびます。
何度も何度もくり返してあそぶ後ろ姿は真剣そのものです。

おにのサッカーゴールはあまり転がらない手作りボールを使います。
足で蹴るよりも、手で転がして上手にゴールをねらうお子さんが多かったです。
トンネルのようにくぐってあそぶお子さんもいたり、
スタッフは子どもの自由な発想を楽しませてもらいました。

節分飾りで好評だったのが「ゆらゆらおに」
風船の頭に体と手足がついてます。
柔らかい表情のおにをうちわであおいであそびました。

 

 

 

 

 

 

 

ベビーコーナーに登場したのは春をイメージした壁面装飾とつるすタイプの飾り。
全体を淡い色で統一し、暖かさを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

そんな飾りと一緒に「ふうせんうさぎ」
ピンクと白のうさぎがゆらゆらしながらマーレを見守っているようです。

 

ホールの南側にはウッドデッキがあります。
晴れた日は暖かく人工芝がひいてあるので赤ちゃんも楽しめる場所です。
そこに突然現れたのは、
なんと
きりん!

使わない水道がきりんに変身しました。

遠くでは雪だるまも見ています。
靴を履かずに気軽に外遊び感覚が味わえるウッドデッキ。
みんな元気にあそんで大きくなーれ。

保育士 北村満子(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー