2019年7月の記事一覧

トイレトレーニング講座   令和元年6月28日(金)   参加24組48名

ママ達からのご相談でいつも上位に上がるのが、このトイレトレーニングについてです。

それぞれの段階でのお悩みや「そもそもどうやってすすめればいいの?」

「どういうタイミングがベストなの?」という声が多く寄せられます。

今回「おむつははずすではなく、はずれていくもの。保護者の関わりやトレーニングが悪いから

取れない、ということではなく身体の成長です。」というお話から講座を始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはスタートの目安ですが

1.1人で歩けるようになる。

2.簡単な言葉がわかるようになる。

3.おしっこの間隔があくようになってきた。

このようなお子さんの姿が見られるようになるとそろそろ始めても大丈夫!

 

講座の途中では「ノンタンおしっこしーしー」や「トイレ」「ぷくちゃんのすてきなぱんつ」

などの絵本を紹介しながら進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は体験者として、お子さんが2人いらっしゃる先輩ママさんが参加してくれました。

Kさん(女児):2歳を過ぎて始めたがなかなか進みませんでした。親子でイライラすることが多くなり断念。

3歳直前に再度チャレンジすると、あっという間に取れました。

Mさん(女児):工夫したことは、トイレに頑張りシールの場所をつくり、トイレに行くごとに貼ったこと。

シールが大好きだったので、それにつられて出来るようになりました。

 

 

 

 

 

参加のママたちも体験談には聞き入っており、メモをとるまなざしが

その真剣さを物語っているようでした。

個別の相談もそれぞれ悩むところは違っていましたが、

お子さんを思うママに寄り添い一緒に考えていきました。

 

 

アンケートからは「体験談を聞けて参考になりました」

「機能的はこと、環境を考えてのんびり構えていきたいです」

「不安でしたが、本人の様子を見て良い時期を見極めたいです」など

たくさんの心強い言葉がならんでいました。

 

これからも「離乳食講座」「歯磨き講座」などママたちのお悩みに寄り添える講座が

出来たらと思います。

ご参加いただいた親子さん方、先輩ママさんどうもありがとうございました。

 

保育士  佐藤和子(6)

 

日  時:7月20日(土)14:00~15:30

参加者数:13人(乳幼児1人、小学生10人、大人2人)

 

所沢郷土かるた

皆さんご存じでしょうか?

所沢の郷土愛を深めるために製作されたこのかるた。

「師走時の一大名物シティマラソン」

「のど越しのうまさで名高い手打ちのうどん」

「るんるんと夜桜楽しむ東川」

などなど、所沢の名所や食をテーマした札があり、今や教科書にも載っている程。

毎年所沢市で市内の児童館対抗で大会も実施しており、子どもたちにもよく知られているかるたです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなかるたに「魅せられた」子どもたちやその保護者の方々で作られたのがこの「かるた部」

主に市内在住の小学生を対象に、毎年3月に行われる所沢市主催のかるた大会に向けての練習を目的に実施されています。

 

そんなかるた部も結成から早1年が経過。

僅か6名程でスタートしたメンバーも今や18名。

 

児童館も協力した形とはいえ、自主的にはじまった活動が1周年というのは館としても感慨深いものです。

そんな経緯もあり、今回はかるた部のメンバーの強い希望もあって児童館と共同で第1回の部内対抗ダブルス大会を実施しました。

 

ダブルス大会となったのも、市のかるた大会のはじまりは児童館対抗のダブルスだったことから原点回帰を含めての実施ということでした。いやー見事なかるた愛。

 

夏休みに入っていた事もあって、全員が集まれなかったのは非常に残念でしたが、楽しみにしていたメンバーが続々参加。

メンバーの姉弟である幼児さんとそのお父さんや市の大会で優勝経験もある通称「キング」こと中1のRくんも急遽参戦いただきました。

もちろん、職員も。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

6チームに分かれての総当たり戦は和気藹々とした空気もありながらも真剣勝負。

「負けないから!」

「あー取られたぁ」

なんていいながら試合が進行していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、部長であるSちゃんと組んだ幼児さんとお父さんのコンビ。

普段から家族でかるたに触れていることもあってか、幼児のHくんが1枚ゲット。

巻き起こった拍手が部の雰囲気の良さを物語っていたなぁと思います。

褒められて伸びるタイプの将来のエース候補も着々と育っていますね。笑

 

そしてキングはまさかの苦戦。

「いやーさすがに札忘れた」

といいながら、休憩時間にも2年のブランクを取り戻すように真剣に札を覚え直すところはさすが。

この姿勢をメンバーが見れただけでも大きな価値があります。

続けて

「みんなここまで強かったっけ?」

との言葉。これにはメンバーもにやり。

最高の褒め言葉となりました。

 

試合は進み、総取り札数は接戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

残り1試合を残して10枚以内の僅差で3チーム。

 

さて結果は…

優勝したのは、くじ運よく実力者2人でチームを組む事となったSさん&Kさんチーム!

実力もさることながら、チームワークも勝利の要因だったのではないかと思います。

 

優勝したチームには設立から部の代表を担ってくださっている保護者のMさん手作りトロフィー。

「第1回部内ダブルス大会 優勝」とカッコイイラベルがついた特別感と愛情たっぷりの景品でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はみんなで記念撮影。

「ハイ!チーズ」

 

 

 

 

 

 

 

 

「早く2周年やりたいね」

なんて早速声もあがっていたので、まだまだ続いていく楽しい部になりそうです♪

引き続き部員も募集中!

今年の大会に向けても頑張って欲しいと思います。

榎戸 勇太(4)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー