こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

日時:3月18日(土)14:30~15:30

参加者 23名(乳幼児2名、小学生11名、大人10名)

 

世間では忙しい日常に親子で過ごす時間もすっかり少なくなっているそうです。

でも一緒に過ごす時間を持ちたいと思っている親子はたくさん。そして

「グー」

3時のおやつ時に小腹が空くのは大人も子ども一緒。

 

「それじゃあ一緒におやつを作って食べて、心もお腹も満たしませんか?」

というわけで「親子クッキング」

 

今回は「簡単スイートポテト作り」を行いました。

 

集まった10組の親子。それぞれお気に入りのエプロン、三角巾を身に着けていざスタートです。

まずは工程の確認から。

 

 

①さつまいもをカットしてゆでる(今回は時間の都合上職員がゆでておきました)

 

②材料(砂糖、バター、生クリーム)の準備

 

③袋にさつまいもを受け取り、つぶす

 

④さらに材料を入れて、つぶしながら混ぜ合わせる

 

⑤成形しながらアルミカップへ

 

⑥卵の黄身を表面に塗って、オーブンへ

 

⑦焼き上がりを待って完成

 

⑧みんなでおやつタイム♡

 

といった感じです♪

 

「さてクッキングで一番最初にやることは?」

「手洗い!」

 

もちろんご名答で、手を洗って工程に沿って調理を進めます。

さつまいもをつぶす作業。

「小さいのがまだ残ってる」

「粒が残っててもそれはそれでおいしいよ」

 

「端っこにあつめたらつぶしやすいから貸してごらん」

 

「あー袋からはみ出たぁ」

「せんせい、袋もう一枚ちょーだい!」

 

こんな親子同士や職員とのやりとりを挟みながらも作業は順調に進み、材料の混ぜ合わせへ。

 

バターに砂糖に生クリームが入れば甘い香りが増して…

「ペロッ」

こっそり味見。

 

「味見」をしたくなる気持ちをお父さんお母さんは手づかみだろうが、ここばかりは何も言えなかったはず。(笑)

 

続いて成形作業。

今回は子どもたちの

「生クリームみたいにぎゅーって出したい!」

との強い希望もあり、袋の端をカットして即席の絞り袋にしました。アルミの容器に

「ぎゅーーーー」

「出た出た♪」

「こっちにもこっちにも」

 

仕上げに表面をならして最後はそれぞれ卵の黄身を塗って、職員に預けます。

想いのこもった完成品は職員の手で仕上げのオーブンへ投入。

230度で10分程…焼き上がりを待ちます。

 

焼き上がりを待つ間はせっかくなので交流タイムとして「トランプ」を用意。

みんなでババ抜きをやってもらいました。

進行は各テーブルの大人にお任せでスタート。

 

「えーっと、やり方忘れたかも」

「揃ったら捨てていいんだっけ?」

「ババは一枚だよね」

 

お家の方は随分久しぶりの方もいたようでルールの確認から…(笑)

それでも

「一抜け♪」

「キャー負けたー」

など異年齢だったり、美原、清進、北小と学校の枠を超えて楽しんでいる様子がとっても素敵でした。

 

その後も「神経衰弱」や「スピード」「郷土かるた」にも挑戦したりと親子同士が繋がって一緒にエンジョイ♪

 

実は15分程焼き上げに余分な時間がかかっていたんですが

「まだー?」

と聞かれることがなかったのはそれだけ夢中になっていた証拠でしょうか(笑)

 

さていよいよ焼き上がり。

完成したスイートポテトはいい香りで

「おいしそう」

「いい感じ」

と感想もほどほどに

「いただきまーす」

親子でおいしく食べました。

中にはお家の家族に持ち帰る方や

「持ち帰る予定が美味しくて食べちゃったのでお家で作ります」

なんてそれぞれの親子さんの姿がありました。

 

お家でも「スイートポテト」を作りながら「トランプ」なんて少しでも家族の時間が増えたら嬉しく感じます。

親子のあまーい時間を、ご家庭でも作ってくださいね♡

 

 

「次回もやって欲しいひとー」

 

「はーーーーーーーーーーーーーーい!」

 

皆さん満場一致の希望もありましたので、次回にも期待していただきたいと思います♪

 

児童厚生員 榎戸 勇太(2)

日時:H29.3.17(金)14:30~16:30
参加人数:61名
場所:所沢市立みどり児童館別館 体育室

3月は生活クラブにとっても別れの季節です。
来年度は定員が大幅に増える為、
お別れする友だちは例年に比べて少ないのですが、
それでも8名の子ども達が退所します。

そして、おわかれ会当日を迎えました。
今年の会場は、前日にきれいに飾り付けされた体育室にて。

 

 

 

 

 

 

 

司会の子ども達の『はじめのことば』でおわかれ会、スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

プログラム
1.はじめのことば
2.おわかれセレモニー
おわかれする友だちの紹介、おもいでカードのプレゼント
3.だしもの(1年生:大縄、2年生:音読劇「エルマーのぼうけん」3年生:跳び箱、合奏)
4.おたのしみ(思い出スライドショー)
5.おわかれのあいさつ
6.館長先生の話
7.おわりのことば

まずはじめに、おわかれするお友だちの紹介です。
お別れする友だちから
自己紹介と児童館の思い出で楽しかったことを発表してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

次は、子ども達のだしものです。
ここ何年かのおわかれ会のプログラムの中に、
個人的に技を披露する機会がありましたが、
今年は各学年で出しものをすることになり、
おわかれ会の2週間ほど前から、各学年で話し合いや練習が毎日のように行われていました。

まず、3年生のだしもので「とび箱」です。
とび箱といっても、子ども達が普段の遊びの中で大型ブロックを積んで、とび箱遊びをしています。
ですので、「大型ブロック跳び」??

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロックの上ででんぐり返しも!
見ていた1,2年生から大きな拍手があがりました。
そして、出し物が終わった後の片付けも見事!

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで協力して、あっという間に片付けました!

次は1年生の「大縄」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日の練習の成果もあり、みんな軽やかに跳んでいました。
そして、1年生全員でお別れする友だちにメッセージを送りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次は、2年生の音読劇「エルマーのぼうけん」

この音読劇、はじめは一般的な舞台劇をする予定でしたが、
脚本から作り始めた2年生。
台詞を覚えることや身振り手振りをいれながらの劇は、練習する時間があまりなく、
それでも、素晴らしい台本ができあがったので、
身振り手振りなくても、せめて大きな声で音読できたら、
きっと友だちも聞いてくれるよね!ということになり、
音読劇に変更しました。

当日は、それぞれ自分の台詞を感情を込めて大きな声で、言うことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

聴いているお友だちも真剣に耳を傾けて、エルマーの世界に入っていましたよ。

そして、ラストは再び3年生の登場、合奏を披露しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

心をひとつにして奏でるメロディに、拍手喝采でした。

そして、最後は職員から。
今年1年間の楽しかった思い出をスライドショーで振り返りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンに映し出される友だちの表情に、
大笑いしながら観ていました。

そして、おわかれ会のプログラムも終盤に。
おわかれのあいさつです。
送る側のお友だちからお別れする友だちにメッセージを。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、おわかれする友だちからもメッセージがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、館長からもお言葉をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、実行委員のおわりのことばで
おわかれ会は終了しました。

今年度は退所する友だちが少なかったので、
どんな雰囲気のおわかれ会になるのだろう?と思っていましたが、
お別れする側、送る側の気持ちがよく伝わってきて、
仲間を大切にする子ども達の思いを感じることができました。
また、各学年のだしものを通して、
横のつながりがしっかりとできていることや、
上級生への尊敬の眼差し、下級生に対しての温かい目など、
縦のつながりもしっかりと感じられたおわかれ会でした。

4月からは、それぞれ新しいスタートをきることになりますが、
また、自分の居場所を見つけて、毎日を楽しく過ごしてもらいたいと思います。

放課後児童支援員  北田 奈巳 (3)