こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

絵画教室

 

日時:3月23日(土)・24日(日)・25日(月)

 

春の絵画教室。今回も、田中拓馬先生にご指導いただきました。

 

1日目 「基礎編」

2日目 「応用編」

3日目 「総集編」

 

の3回にわたり、絵の技術を学んでいきます。

 

【1日目】

「イメージ通りの線を描く」練習

「バランスの良い絵を描く」練習

 

の後、実際に絵を描いてみます。

「何を描こう…」

 

真剣にアイデアを練る子どたち。

そこへ先生が、

 

「画用紙だけじゃなくて、布に描いてみてもいいよ」

 

と提案します。

 

早速、ひとりの女の子が細い布に絵を描き始めました。

描き終えると

 

「こうして遊ぶの」

 

と、目隠しのように顔に巻きます。

なるほど!顔に巻いて、福笑いのように遊ぶおもちゃだったんですね。

 

他の子どもたちも、羽の質感がよくわかる鳥の絵など、それぞれの個性が光る作品を描いていました。

 

【2日目】

画用紙や段ボールを使い、立体的な作品作りに挑戦。

作品作りの最中、

 

「失敗しちゃったー」

 

という男の子。

 

田中先生が

 

「それなら、私の作品と組み合わせてみよう!」

 

と提案します。

早速、田中先生の作品と合体させてみると…見事作品の一部分に大変身!

自分の作品が、別の人の作品として生まれ変わるなんて、すてきですね。

 

失敗したと思っていた男の子も

 

「すごーい」

 

と驚き、喜んでいました。

 

【3日目】

最終日は、田中先生も加わり、全員でダンボールの家を作ります。

 

「家をもっと丈夫にしてみよう。」

 

という田中先生の提案で、傘や棒を柱に使いました。

 

色塗りの作業では、指絵の具も使います。

昨日の教室では

 

「指に絵の具をつけるの?何だか嫌だなー。」

 

と言っていた子どもたち。

今日は、慣れた手つきで指絵の具を延ばしていきます。

 

2時間ほどで、写真のような立派な家が出来上がりました。

 

3日間の絵画教室を通じて、作品を作るのに必要な技術や発想力を養うことができました。

また、みんなで一つの作品を作り上げることの楽しさも体験することができました。

 

田中先生、3日間どうもありがとうございました。

 

常勤職員 田中永幸(3)

高校生の科学遊び

 

3月25日(月)13:30~15:30

小学生14人・大人7人・高校生6人

 

川口北高校生物部の学生さんをお招きして、「高校生の科学遊び」を開催しました。

 

スズランテープで作った電気クラゲを静電気で浮かせたり、みんなで手をつないで一斉に静電気を体感したり…

楽しく学べる科学教室となりました。

写真は、静電気を体感する実験です。

 

「ビリビリするんでしょ?こわーい!」

 

と、なかなか輪に入りたがらない子どもたち。

高校生のお兄さんたちが、

 

「僕たちが電源に近いところへ行くから、おいでよ。」

 

と、優しくサポートしてくれました。

その言葉通り、実験の結果はお兄さんたちの

 

「痛ーい!」

 

という声の方が大きく、小学生たちは大笑いでした。

 

途中、実験結果がうまく出ない場面もありました。

でも、「何度か試してみて、そのデータを積み重ねていく」ことも実験の楽しさのひとつ。

小学生と高校生が力を合わせ、

 

「どうすればいいんだろう?」

「ここを、こうすればいいんじゃない?」

 

と、何度も実験を繰り返していました。

 

最後は、みんなでべっこうあめ作り。お砂糖を加熱すると、白かったお砂糖がきれいなあめ色に変わります。

 

「すごーい!」

「きれいな色に変わってきたよ!」

 

思いがけない色の変化に、子どもたちも興味津々でした。

冷まして固まったら、完成です。

 

「おいしい!」

「これなら家でも作れそう」

 

と、子どもたちも満足そうな様子。

 

中には、

「銀紙がくっついてはがしにくい…」

 

と、思わぬトラブルに悪戦苦闘している子どももいました。

 

子どもはもちろん、高校生のみなさんにとっても、小学生と触れ合ったり、自分たちで企画したイベントを行ったりする貴重な機会となりました。

 

川口北高校生物部のみなさん、どうもありがとうございました。

 

常勤職員 田中永幸 (4)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー