こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

8月10日(土) 16:00~17:00

参加者 幼児3人 小学生7人 中学生4人 大人4人 計18人

 

毎年、あすぱるは、川口市青少年ボランティアスクール(ボラスク)を受け入れ、今年は11名の中高生のボランティアさんたちが来てくれました。

館内整備や清掃、子ども達との関わり、お習字ひろば、腕相撲大会、点字教室、科学遊び、けん玉教室等、イベントのお手伝いや、盛り上げにも協力してくれました。

10日のマンカラ大会は、午前中の準備から一緒に進めてくれました。

「マンカラ、知らないです・・・」とボラスクの中学生。

ルール説明し、スタッフと対戦。

その後、近くにいる小学生たちも加わり、小中生が何回も勝負していました。

その光景に「俺も入れて!」と集まり、

「午後に大会があるから参加しようよ」と、ボラスク生が自然と大会に勧誘。

「俺強いから、優勝しちゃうよ!」と、常連の小学生は余裕の表情です。

初体験のボラスク生は、なかなか勝てません。

 

台も多くないので、即席の紙の台を作って貰いました。

 

 

 

 

 

 

16:00・・・いよいよ大会開始の時間です。

マンカラを思いっきり楽しんでもらう、異年齢交流をし仲良くなるが、目標です!

丁寧にル―ルの確認をし、紙と鉛筆を配布。

対戦票は各自に配った真っ白な紙。

その紙の右端に自分の名前を書きます。 対戦する時に、相手の名前を聞き紙に記入。

勝負の結果は、相手の名前の脇に〇か×で記入する。という方法です。

 

今回の勝者は

①〇の数が多い子

②試合数の多い子  の2種類を選びます。

沢山の友達と交流を持ってもらいたい、仲良しを増やしてほしいという目標から

×が多くても、多くの子と対戦(遊んだ)子も勝者に選ばれるのです。

 

いよいよ大会の開始です。

対戦相手の名前を記入し、握手し「宜しくお願いします」と一礼。

 

 

 

 

 

 

試合は勝敗が決まり、スタート時の状態におはじきを戻したら試合終了。

その後の試合相手は、自分で探す。

終わった子を自分で見つけ試合を申し込むのです。そのため試合数が違ってくるのです。

ここから30分間、よそ見をする暇もなく、スピーディに、また真剣な勝負が始まりました。

 

 

 

 

 

 

「幼児さんに負けた~!」

「え!!もう終わり?」

「試合終わった?一緒にしよう!」

どの子も真剣でした。

 

 

 

 

 

 

あっという間の30分!!

〇の多い優賞者は、6年の女子 6年男子ほ同率2位。

 

 

 

 

 

 

(その後2位決定戦を皆の見守る中で行いました)

試合数が多かった優勝者は、ボラスク生の2人でした。

幼児さんの健闘も光りました!!

 

 

 

 

 

 

真剣そのものの30分。

マンカラを思いっきり楽しんでもらう、異年齢交流をし仲良くなる・・・

目標は達成できた大会でした。

またやろう!とのアンコールにこたえて、次回の大会を計画していきたいと思います。

保育士 増子 順子(6)

8月7日(水) 13:00~14:30

参加者 小学生14人 中学生3人 大人2人 計19人

 

夏休み恒例の科学遊び。

今年は、「飛ぶ種の模型を作ろう」と題して、科学の先生である萩原先生が行って下さいました。

学校の授業のように机に付きました。

飛ぶ種の模型????  と、疑問をもって参加した子もいた様で、机の上には色々な物が入った袋が・・・

 

 

 

 

 

 

まず最初に先生が、皆に見せたのは「松ぼっくり」の種。

上から落とすとひらひらと旋回して飛びます。その模型をはさみとクリップで作りました。

「回った~!」と子ども。

「回転しない子は、種に見立てたクリップの位置を変えてごらん」と先生がアドバイス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の種は「にわうるし」です。

今度は、ホチキスが種の役割になり、クルクルと回転していきます。

 

 

 

 

 

 

 

3番目は「らわん」。

羽付きの羽のように重りの種が下になり縦に旋回します。

種はシールなのですが、葉の反り方によって旋回が出ないことがあり、よく旋回するには反り方を考えなければいけません。

反る角度や、羽の開き具合を、何度も試し、よく回る方法を試します。

 

 

 

 

 

 

4番目は、「あおぎり」です。

あおぎりは、葉が内側に丸まっていています。

紙にはさみを入れ、葉の下の部分を重ね合わせて貼りその形を作っていきます。

側面に幾つかついている種は、シールで代用。シールを付ける位置によって回転が違ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

最後は、グライダーみたいな、「あるそみとら」です。

真ん中に丸い種があり、軽い葉に乗ってグライダーの様に、ながーく飛び続けていきます。

上手く風に乗るとかなりの遠くまで飛んでいきます。

 

 

 

 

 

 

「種の重さ(シールを貼る枚数)変えたらどうなるか、

風の強さ(実験では飛ばすための手の強さ)によって、飛距離が違います。試してください」と先生。

「すごーい ずいぶん長く飛んでる!」

「シール2個は重いのかな?」

子ども達は、シールを、付けたり貼ったり、いろいろ試していました。

 

終了後、「羽を大きくしたり、重りを変えたりして、飛距離を記録すると、面白い自由研究になるよ!」

とのアドバイスも頂きました。

 

 

 

 

 

 

きっと難しい原理があるんだろうと思いますが、実際に作り飛ばすことで、楽しみながら科学を学べた時間となりました。

楽しいく由研究を進めていくヒントになったらと思います。

萩原先生、楽しい科学をありがとうございました!

保育士 増子 順子(5)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー