こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

5月5日、入間市児童センターではセンターまつりを開催しました。

こどもの日にちなんだ一年に一度のおまつりです。今年は大型ゴールデンウイークの後半ですが、695名の来館がありました。

 

10時の開館前に、玄関先でまだかまだかと待つ親子。そんな皆さんに楽しく待ってもらえるように今年は玄関前で昔あそびを企画しました。けん玉、こま、メンコ、ゴム飛びを準備して開館を待っている親子を遊びに誘うと、興味津々に集まってきました。

思い思いチャレンジする子どもたちに混じり、お父さんたちはとても真剣!コマをうまく回して、子どもたちにいいところを見せています。

夢中になって遊んでいたら、あっという間にセンターまつりが開始。ニコニコ笑顔で入館していきました。

 

さあ、児童センターに入ると展示ホールです。

まず広がっているのは電車のおもちゃで遊ぼうのコーナー。おまつりが始まると早速、男の子がお父さんと遊びに来てくれました。目をキラキラさせながら夢中で線路をつなげ、電車を走らせます。

そして館内を見渡すと、何やら紙と鉛筆を持って歩いている子の姿が見られます。ウォークラリークイズでは参加してくれたお友達は楽しい景品をもらうことができます。地図を見ながらウロウロしたり、ヒントを探してキョロキョロしたり友達同士や家族でニコニコしながら参加してくれました。

チェックポイントの中には普段はクラブ員しか入れない無線室があります。見慣れない機会がいっぱいで、子どもたちはちょっと気後れしてしまいますが、チェックポイント目指してたくさんの子どもたちが遊びに来てくれました。無線クラブのボランティアの皆さんが通信する姿を見ることもできて、貴重な経験ができたようです。

 

展示ホールにはまだまだたくさんのコーナーがあります。

かんたん工作ではけん玉づくりを行いました。けん玉を富士山に見立ててあらかじめ切っておいた雪の形を扇形の色画用紙に貼り、その後色画用紙に絵を描き、自分の好き内をの毛糸玉を選びけん玉の形を作ります。小さいお子さんは、色画用紙に絵を描いたり、シールを貼ったり作りました。

お父さんと幼児の男児2名、恥ずかしそうに来ました。恥ずかしそうに来た親子に「是非、お父さんも参加して一緒に作りませんか?」と声掛けをすると3人で工作に参加してくれました。はじめはどうしようか考えるばかりで手が動かなかったお子さんだが、お父さんが「見て、アンパンマン!」とオレンジ色の神にアンパンマンの顔を描いてけん玉を作ってくれました。それを見て「なにそれ~」「じゃあ、ぼくはね!」とお父さんに負けずに、クレヨンをとり描き始めました。ドラえもんの顔にこだわってクレヨンを細かく塗っていたお兄ちゃんの手は、いつの間にか真っ黒になっていました。完成したのを見せたとき、その手も見て「うわ~!すごい真っ黒!がんばったんだな~!」とお父さん。

 

2~3か月くらいの赤ちゃんとパパママが3人でキョロキョロしていました。

「こんにちは」と声をかけると「このくらいの子が楽しめるゲームはないですよね」とお母さん。「パパママが楽しんでいる姿はお子さんも楽しいので、大人でもチャレンジしてみてください」とお話したあと、お子さんにオススメと誕生日の星座印刷のコーナーをご紹介しました。誕生日の日の星空を印刷してくれるとお話すると「それは素敵ですね」とコーナーへ向かっていました。印刷した紙は母子手帳に挟んでおくのをおすすめしました。お子さんの初めてのイベント参加、いい記念が出来たようです。

展示ホールでは、毎年恒例の入間向陽高校ソングリーダー部「ウィンディーズ」公演がありました。青春という言葉を形にしたら、ウィンディーズの皆さんのようになるでしょう。満面の笑顔の下で躍動する姿は、どんなに美しく着飾ったりお化粧をしたりするよりも美しいと感じます。今回は見学していた1年生部員の皆さんが、来年の5月5日、この会場でどんな演技を見せてくれるか楽しみにしています。

 

展示ホールを抜けると遊戯室です。

遊戯室ではゲームコーナーがあり、アキュラシー、ストラックアウト、フライングスリッパ、えんぴつ迷路とたくさんの遊びをすることができます。ゲームコーナーでは駿河台大学の学生さんがボランティアで活躍してくれました。

まとにあたるとお兄さん、お姉さんが拍手をしてくれるので子どもたちは何度もチャレンジしたくなるようです。

    

午前中にお父さんと遊びに来た幼児と小学生の兄弟、とても運動神経がいいのか次々に新記録を更新、さらに自己新記録も更新していきます。ホワイトボードに書かれた記録表には兄弟の名前が並びます。お昼で帰られたと思ったら、午後もゲームに参加しています。「午後も来てくださったんですか?」と声をかけると「まだゲームやりたかったようで」とお父さん。親子で一日中楽しんでくれました。

 

  

今年のセンターまつりには家族で楽しむ姿が多くみられました。最初は子どもが…と見ているだけの保護者の方も昔遊びやゲームにチャレンジしたり、お子さんと一緒にプラネタリウムを見たり、なかなか見ることが出来ない太陽の観測をしてみたり、大人の方も楽しんでいただけることが出来ました。

 

例年に引き続きご協力いただいたボランティアの皆様、ありがとうございました。

 

スタッフ一同

4月に新入生がみどり児童館に入所してからもうすぐ2ヶ月です。
第二生活クラブの在籍数は
1年生 36名 2年生 35名 3年生 39名 4年生 9名 5年生 2名の
合計121名でのスタートとなりました。
1年生や去年まで本館に居た子どもたちは「仲良く出来るかな~」、
もともと別館で生活している子は「どんな子が来るのかな~」
とドキドキがあったと思います。
そんな不安な気持ちを取り除きみんなに交流し親睦を深めてもらうためにも
いろいろな行事がありました。

「 新入生歓迎会 」
日時:平成31年 4月9日( 火 )
参加人数:第二生活クラブ 112名
場所:所沢市立みどり児童館別館 体育室

新入生歓迎会では新入生と一緒に本館から移動となった児童も
一緒に歓迎しようという事になり
始まりから終わりまでを自分たちで考え、
2年生から5年生の子どもたちがいろんな出し物を見せてくれました。


司会は新3年生の女の子。
100名以上いる友だちに注目されてとても緊張しているようでした。
歓迎会はプログラムに沿って進んでいきました。
みんなが楽しみにしていた出し物はふだんの遊びの披露から始まりました。

「 なわとび 」
2重とびや交差とびの連続技等
難しい技を見せてくれました。


「 トークショー 」
手作りのパペットで、腹話術に挑戦!!
おもしろい話でみんなを笑わせてくれました。


「 コマ回し 」
スピード感のある回しっぷり
「おおー!」
という歓声も上がり
みんながコマを覗き込むように見入っていました。


「 ペープサート 」
ギリギリまで準備を重ね一生懸命発表してくれました。

最後に1年生を歓迎するために事前に何を歌うか話し合い
「パプリカ」をダンスを交え熱唱しました。
聞いていた1年生も口ずさみながら
楽しそうにお兄さん、お姉さんを見ていました。
歌をプレゼントされた1年生はお返しに
「 1年生になったら 」を大きな声で歌いました。


この歓迎会を通して本館から来た児童は
別館の児童と仲良くなり1年生は緊張がほぐれ
上級生と良い交流をするきっかけづくりになればと思います。

「 お誕生日会 」
日時:平成31年 4月24日( 水 )
参加人数:第二生活クラブ 106名
場所:所沢市立みどり児童館別館 体育室

4月は13人が誕生日を迎えました。
はじめに、誕生児の自己紹介です。
「 ○○学校 ○年生の○○です… 」
みんな恥ずかしそうにも一生懸命発表しました。
そして仲良しの友だちからプレゼントを渡してもらいました。
次にいくつかの質問コーナーを設け、会は盛り上がっていきました。


その後はみんなでレクをしてさらに盛り上がりました。
内容は動物当てクイズや○×ゲーム「別館のルール編」でしました。
「廊下は走っても良い!!○か×か?」
バタバタ……全員が「×」へ移動
「体育館の利用は1日1回15分間である!!」
バタバタ……今度は全員「○」へ移動
結果は全員全問正解と素晴らしい結果になりました。


そして最後は誕生時全員で記念撮影
「 ニッコリ― 」のかけ声にみんな最高の笑顔で答えてくれました。
今後も日に日に大きくなる児童を見守っていきたいと思います。

「 合同レク 玉入れ大会 」
日時:平成31年 4月25日( 木 )
参加人数:第二生活クラブ 103名
場所:所沢市立みどり児童館別館 体育室

毎月みどり児童館生活クラブでは
交流を深めることを目標として
本館、別館の合同レクを行っています。
今回は「玉入れ大会」です。
1年生は初めての合同レクを楽しみにしているようでした。
まずは準備体操。
「 いーち にー さーん しー 」
「 ごー ろーく しーち はーち 」
と大きな声があがり、準備OK!!といった感じです。


試合はトーナメント方式です。
試合回数を重ねるごとに熱が入ってきました。応援の声、
「がんばれぇ!」「どっちも勝てぇ!」
と、審判の笛の音が聞こえないほどでした。
一試合ごとに両チーム大きな声で玉の個数を数えていきました。


勝ったチームも負けたチームもお互いを
大きな歓声や拍手で讃え合い、とても盛り上がりました。
みどり児童館本館、別館あわせて201名
これからも、毎月の合同レクを通して
仲間同士の意識を高め、親睦を深めていきたいと思います。
そして一年間、怪我などなく
一人一人が心身ともに大きく
成長できるように職員一同協力して
支援していきたいと思います。

児童支援員 西村 和将 (1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー