こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

12/3 (月)9:30~12:30川口市消防局4F室内訓練室にて
おやこの遊びひろば スタッフ研修として『乳児・小児救命講習』が
行われました。
5班に分かれ 映像講習と乳児・小児の人形、AEDを使って実技講習があり、
いのちを救うために必要な一連の流れを学びました。


(乳児の人形にて心肺蘇生法とAED実技)

心肺蘇生法では胸骨圧迫と人工呼吸の方法を学びました。
胸骨圧迫は小児は成人と同じ方法で両手で上から垂直に力を加えて圧迫します。
乳児は片手、薬指と中指の2本で行います。
圧迫する位置、強さ、速さを的確にご指導頂きながら実技に臨みました。

またAEDの使い方、電極パッドの貼り付ける位置などを練習後
救命処置の流れを行いました。
実際、救急車が到着するまでの間
「いのちをつなぐ」ためにできるだけ早い救命処置、
または、応急手当により助かる確率をより高くできる
という事を学び、実技にも力が入りました。

最後は異物が詰まった場合の対処法として、
背中を叩いて異物を出させる「背面叩打法」と
胸部を押す「胸部突き上げ法」を学びました。

また救急車を上手に使ってほしいというお話もありました。
今すぐ病院へ行った方がいい?
救急車を呼んだ方がいい?など
判断に迷った時は24時間365日対応の埼玉県救急電話相談(#7119)や、
全国版救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」を上手に利用して頂く。
そのために私達、おやこの遊びひろばスタッフも必要な情報を
子育て中の保護者のみなさまへ広めていけたらと思いました。

今回の救命講習で学んだことをいざという時に、お役に立てるよう
スタッフ一同 しっかり習得することが大切だと実感しました。

保育士  瀧上 裕子(2)

11月20日(火)14時から16時 芝公民館1階講座室にて
おやこの遊びひろば公開研修会が行われました。

絵本セラピスとと絵本作家が贈る「ママも笑顔の絵本時間」
保育士・読み語りボランティア・絵本セラピストとして
絵本で笑顔をひろげる活動中の熊崎先生と
元幼稚園教諭・現在病棟保育士・絵本作家として
活躍中の五味先生をお迎えしました。

 
(川口市で開催された絵本フェスタで活躍中のおふたりです。)


(かわいい手作りミニ冊子が配られました)

今回詳細された絵本リスト

大人のための絵本セラピー
「ママも絵本を楽しもう♪」熊崎先生
①どうぶつサーカスはじまるよ
②わたしのすきなもの
③ほげちゃん
④わたしとなかよし
⑤ねこのピート

「わたしとえほん」五味先生
①おいしいまんまるさん
②こんやはてまきずし

くじ引きをしてから着席して、ママ同士の交流を深めました。
本日は、おやこの遊びひろばスタッフがお子様をお預かりし、
ゆっくりとママたちだけの時間を過ごしていただきました。

先生方の癒し系の読み語りにほっとされ、
同じグループのママたちとのトークタイムを
楽しまれていました。
『話したくないことはパスOK。
順番が来たら話す。
人が話しているときは聞くだけ。
人の話にも自分の話にも拍手。
聞いた話はここだけの話。』
ミニ冊子の中に講師からトークタイムへのメッセージがありました。

講師でいらっしゃった熊崎先生から
子育てや家事に忙しいママたちへの
少し早いクリスマスプレゼントの本の紹介です。


(子育てに奮闘中のママに贈るメッセージ絵本)
「あなたのことが だいすき」(えがしらみちこ 著・イラスト)
「今日」(伊藤比呂美 訳)

保育士 石塚初江(1)

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー