こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

戸塚児童センターあすぱる

節分を楽しもう!

日時:2月3日(日)1時30分~2時

参加者:幼児12人、小学生10人、中学生1人、大人20人

 

2月3日に節分の行事をおこないました。好天の日曜日ということもあり、

小中学生にくわえ、多くの親子連れの方々にも参加いただきました。

ご参加ありがとうございました。

今回は小学六年生の子どもたちが実行委員を務めてくれました。

まずは遊戯室で、参加者の方々に節分の由来を説明する紙芝居を朗読。

 

 

 

 

 

 

 

この紙芝居は事前に実行委員の子どもたちが入念に練習したものです。

何度もスタッフにみてもらい、この日にのぞみました。

「ドキドキするね」

「上手く読めるかな」

と心配そうでしたが、

ゆっくりと大きな声で読むことができ、たくさんの拍手をいただきました。

その後はスタッフが鬼の衣装で登場。

丸めた新聞紙を豆にみたてて、全員で豆まきをおこないました。

「オニは~そと~!福はうち~!」

小さな幼児さんから大人まで、元気な掛け声が館内に響きました。

 

 

 

 

 

 

次は乳幼児室です。幼児さんたちが怖がらないように大人のスタッフではなく、

小中学生が鬼役です。頭に鬼の仮面を付けて乳幼児室に。

かわいい鬼さんたちの登場に泣きだす幼児さんもいなく、

ガラス越しに楽しそうにボールを投げていました。

 

 

 

 

 

 

 

今年も参加してくれた方々の協力で、無事に豆まきを終えることができました。

ありがとうございました。

 

児童厚生員 近藤俊明(2)

日時:H31.2.2(土) 11:00~11:30

参加人数:19人

場所:ひかり児童館 プレイルーム

 

2月3日は節分。

ひかり児童館では、前日の2日に節分会を行いました。

 

「まめまきするよ~!」と声をかけると、

みんなプレイルームに集まってきました。

 

子ども達が集まったところで、

まず最初は節分の由来について、話をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「みんなの中に追い払いたい鬼はいる?」と問いかけると、

「おこりんぼおに」

「すききらいおに」などなど…

色々子ども達から声があがりました。

 

自分の追い出したい鬼が心の中で決まったところで…

いよいよ豆まきの準備。

新聞紙を丸めて、豆作りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼役を募りましたが、なり手があまりおらず…

では、まず小学生たちみんなに鬼役をやってもらおう!ということになりました。

 

「おには~そと!ふくは~うち!」

豆まきの始まりです!

 

 

 

 

 

 

 

 

「おには~そと!ふくは~うち!」と言いながら、

小学生鬼に向かって小さいお友だちが豆を投げました。

 

そして、鬼交代。

今度はちびっこ鬼 VS 小学生。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちびっこ鬼の大将は、0歳のかわいいかわいい鬼さん♪

豆をまく側の小学生から思わず「かわいい~!」と声があがり、

微笑ましい豆まきになりました。

 

そうしていると…

館長鬼登場!

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生も小さいお友だちも、

力を合わせて鬼退治!

やっぱりこういう鬼が出てくると盛り上がりますネ。

 

豆まきのあとは、年の数+1個の豆もらい、食べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、鬼が出てくるお話といえば…?

「ももたろう!」

 

みんなで「ももたろう」の紙芝居を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、年女の女の子から、福豆をもらい…

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の節分会は終了です。

 

みんなで豆まきをして、豆を食べ…

これで1年、健康に過ごせますね。

そして、節分の後は立春。

春がくると、またみんなひとつ大きくなりますね。

 

年度末、様々な経験を経て大きく成長していく子ども達を楽しみに、

見守っていきたいと思います。

 

保育士 北田 奈巳(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー