鳩ヶ谷子ども館の記事一覧

川口市立 芝児童センター「新春書き初め会」

2019年1月6日(日)10:30~12:00

 

 

冬休みの宿題に欠かせないものが、書き初めです。

今年も毎年恒例、新春書き初め会を開きました。

芝樋ノ爪町会の野島さんに先生としてお手伝い頂き、教わりながら書いていきます。

   

小学1年生のお子さんはペンで「お正月」と書きます。

ペンで字を大きく書くことに慣れていなかった女の子は、

お母さんが作ったマス目のある紙を使い練習していきます。

誰よりもたくさん文字を書いていましたね。

 

 

学年が上がると、大筆を使い墨で書きます。

細く小さく書いてしまう子には「筆の半分くらいまでを使って書くんだよ」と、

一緒に筆を持ち、書く力加減を手で覚えてさせていく野島さん。

「る」の〇部分は三角に、「ひ」の下の部分は角ができるように。

 

名前の見本も格好良く書いてもらいました。

徐々に力強く、大胆に書かれる「やる気」「あさひ」「初春の風」。

子ども達は生き生きと筆を動かしていました。

 

そもそも書き初めとはどういう行事なのか調べてみました。

書き初めは元々、邪気を祓う“元日の早朝に井戸から汲んだ水(若水と言います)”で墨をすり、

その年の恵方を向き詩歌を書いていたのが始まりのようです。

今では字の上達を願い、今年の目標や正月らしい言葉を書いています。

 

この1時間半でみるみるうちに腕前が上達し、自信に満ちた子ども達の顔を見ることが出来ました。

野島さん、朝からご協力いただきありがとうございました。

子ども達の更なる字の上達と、それが自信に繋がっていくことを願っています。

 

 

児童厚生員  三浦 千知(2)

 

第3弾は、「ハニカムペーパーファン」

夢の遊びさんに担当して頂きました。三つ折りにした折り紙を16枚使って

リース型の飾りを作りました。

4枚セットにしたものを飾り切り貼り合わせて完成!

色や飾り切りが変わるだけで全く違った作品に!

アレンジで色々応用できるそうです。

 

第4弾は、「牛乳パックから紙を作ろう」

地球温暖化防止活動推進委員さん達による「エコ出前勉強会」。エコの話は、地球にやさしい活動の1つとして、牛乳パックは宝物という事を学びました。

その後ハガキ作りをましたが、自分で作ったハガキは特別です。

実際に牛乳パックを3分割に分けるエコ体験もしました。

 

 

 

 

 

最後となる第5弾は、ものづくりクラブ「貯金箱制作」

夏休みの自由研究の1つとして提出しようと考える親御さんが多く、申込開始から

数日で定員に達し、キャンセル待ちや前日、「どうしてもやらせて欲しい」

という連絡が来たりと、1番人気の工作となりました。

担当して下さったのは、図工の先生をされていたママさん。

ボランティアとして快く引き受けて頂きました。

招き猫のように手が動く貯金箱を発想豊かなこども達は、                                 動物や蝶々などにアレンジ!

工程も多く、難しい所もありましたが、完成した                      作品を大事に持ち帰りました。

担当した先生からは、

「予想以上の出来に驚き、話も良く聞いてくれて嬉しかった」と言う言葉を頂きました。

 

 

こうして、こども館の「夏休み自由研究」は沢山のこども達が参加してくれて無事に終了できました。

この夏休み、館内で新しい友達作りが出来た子や親子もいました。

また来年も沢山のこども達が体験できる事をやっていきたいと思います。

ボランティアの皆さん、ご協力ありがとうございました。

 

地域子育て支援士 西本美佐江(3)

 

 

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー