戸塚綾瀬小放課後児童クラブここまるひろばでは日三鋳造所中島名人によるベーゴマ教室を行いました。
当日はベーゴマの旗を飾り床(とこ)を3台、いつもと異なる設置の体育館で始まりました。
「ベーゴマ知っている人?」
「やった事ある人?」
中島名人の質問に答える子どもたち。ほとんどの子どもは、知っているけれどやった事はありませんでした。
そして、中島名人の技披露が始まると、子どもたちは床にくぎづけです。床の上で2つのベーゴマを回すと、
ベーゴマがぶつかり合ってパチパチと火花が出ます。
「すごーい、火が出たー」
「今、ひかったね」
と子どもたちは大興奮でした。パチパチぶつかり合うベーゴマを見て、やりたい気持ちが一気に盛り上がったようです。
学年ごとに分かれて順番に練習です。最初は、中島名人がひもを巻いたベーゴマを渡し、
手の動かし方・引くタイミング・投げ方など教えてくれました。
中島名人が手を持って後ろから一緒に投げるとベーゴマは床の上でクルクルと回りました。
子どもたちは目をまんまるにして、
「うわー、まわったーまわったー」
ととびあがりました。
それからは、回したくて回したくて何度もチャレンジしました。
途中から、校長先生と教頭先生も参加して下さいました。さすが先生たちです。
軽々回し、「昔はね、よくやったんだよ」と笑顔で教えてくれました。
最後はベーゴマ大会です。全員が参加をし、チャンピオンを決めました。
あっという間の1時間でした。初めてベーゴマを回せた子どもがたくさんいました。
まだまだやりたい気持ちが子どもたちから伝わってきました。
児童クラブの活動の中で、安全に気をつけて取り入れていけると良いなぁ~と思いました。
とても楽しい時間を過ごす事ができました。
保育士 金澤香美

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー