2月18日(木)今年度最後の芝中央小学校レインボースクールが行われました。

 

最終回という事で、行ったのは[名人芸発表]

レインボースクールで行ったプログラムの中で、自分が一番得意なものを発表するというものです。

またこの日は参観日という事もあり、子ども達も緊張の色は隠せません。

それでは、それぞれの発表の様子を見ていきましょう!

 

 

・竹とんぼ

ボランティアの皆さんから習ったやり方を、みんなしっかり覚えていました。

「左手は滑走路だから動きません…。」

子どもたちの説明もそして、竹とんぼの飛距離もバッチリです!!

 

・けん玉

「練習の時は一回も成功しなかった…」と自信なさ気でしたが、緊張の本番一発目…。

見事大成功!!アンコールの声にもきっちり答えてくれました!

 

 

・お正月遊び(福笑い、羽根つき)

2016-02-18 009

今までにあまり見たことのない発表でしたが、

「変なかお~!」

と見ている皆から笑いが起きました。

「とりゃ!セイッ!」

と羽根つきの男の子たちも一生懸命打ち込んでいました。

 

 

 

・なわとび

2016-02-18 008

 

それぞれが得意な跳び方を代わる代わる披露しました。

「もうあんなに出来るのですね。」

という子ども達の成長に驚くお母さんの言葉。

高学年の子たちには特別舞台[おやこ二重跳び]も。

 

 

・お絵かき、折り紙

他の子が練習を繰り返していく中、黙々とお制作に取り組んでいました。

自慢の絵を披露し鼻高々。

折り紙の子は

「こーんなに飛ぶんだよ。」

と紙飛行機を発表してくれました。

 

2016-02-18 046

 

 

 

ステージの上でどの子も、自分の力を一生懸命に発揮していました。

同じ子ども達、スタッフに向けて披露すると共に、

「お母さん見て見て!」

の気持ちもたーくさん伝わってきました。

今までの活動が、楽しいものという事が共有できたのかなと思います。

 

みなさんのおかげで楽しいレインボースクールになりました。

本当にありがとうございました!
保育士 宍倉 鉄平

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー