1歳児のAちゃんと0歳児のBくんが一緒に遊んでいました。

カレーをお皿に乗せてモグモグと食べていたAちゃん、

保育士の膝の上に座るBくんをみると、

そっとカレーを口元に運んでくれました。

Bくんがモグモグと食べると嬉しそうに顔をのぞき込んで

優しく微笑みかけるAちゃん。

その様子を見つめていた保育士とふと目が合うと、

少し照れてしまったようです。保育士が

「もしかしたら熱いかもしれないね。フーフーしてあげようか」

と声を掛けると、今度はニコニコ笑顔でフーフーと

カレーを冷ましてからBくんに食べさせてくれました。

2人の間で言葉は交わされなくてもAちゃんの優しさが

Bくんにしっかりと伝わったような場面でした。
何気ない遊びの中での1場面でしたが、

小さな子へ向ける優しさが日々育まれているのだな、

と嬉しく感じる瞬間でした。

このようなやりとりをこれからも大切にしてゆきたいと思います。

保育士  奥本①

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー