「不思議!バンドエード」

お散歩の帰り道。
車の通りのない道路上に引かれた白線の上を、みんなで縦一列に並び
「バランス バランス〜」
と両手を広げ歩いていたときのことです。
一番後ろを歩くY君(2才11ヶ月)が突然、
「えっ?」
バンドエイド
と驚いたように声を上げ2〜3歩後退りました。
どうしたのかな?と見ていると地面を見たままのY君。首をひねり
「どうして⁈ こんなところに………バンドエード?」
と呟いています。Y君の足下を見ると、そこにはバンドエードが落ちていました。
単に落ちているだけのようなバンドエードでしたが、Y君には貼ってあるように思えたようです。
不思議そうに見つめ首を傾げながらも
「痛そ……。」
とポツリ。
先で待つお友達に呼ばれ歩き出したY君でしたが、
やっぱり「?」。
首を左右に傾け
「どうして あったんだろう…」
としばらく呟いていました。そんなY君の可愛らしい姿に思わず笑みがこぼれ、
些細なことも子どもには不思議材料なんだな、と実感しました。
次はどんなことを不思議に思うのかな?楽しみです。

保育士 新井みすず(2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー