「冬ならではの、、、」

寒さなんてへっちゃらなルームの子どもたちは
「早くお散歩行こうよ〜」
と今日も元気いっぱいです。
「え〜っ
お散歩行くのぉ?
お外寒いよー」
と大袈裟に震えて見せても
「上着を着たら大丈夫だから!早く!早く‼︎」
と急かされ(笑)出発です。
出発してすぐに霜柱を見つけました。
「見て!どろんこがキラキラしてる!」
と驚いた表情のKちゃん(2才9ヶ月女児)。
「霜柱っていうんだよ。触ったり、踏んだりしてみてごらん」
そう声をかけると、そっと触ってみて
「冷たーい」
足を伸ばし踏むとシャリシャリ鳴る音に
「面白ーい」
と目をクリクリさせ声を上げます。
見ていた他の子ども達も真似し、触れては
「冷たーい」
「シャリ!シャリ!シャリ!」
と声に合わせて踏み大騒ぎ。子ども同士
顔を見合わせ
「面白いね♩」
と満面の笑みで楽しんでいました。
IMG_0320

また少し進んだ先の用水路では氷を発見。
用水路の水が凍って流れが止まっているのです。
そんな用水路をふと見たY君(2才11ヶ月男児)、足を止めると
「あれ?何か変だよ。」
と覗き込みます。
他の子どもたちも連られ、足を止めると同じように用水路に目をやり
「ホントだぁ〜」
と不思議そうに見つめています。
「そうだね。寒くてお水凍っちゃったね。」
と話すと
「え?凍っちゃったの?」
「氷なの?」
と驚いた表情を見せます。

IMG_1169
そこで、脇に生えていた草っ葉を一枚摘み、落としてみました。
凍った水の上に落ちた葉は風に吹かれあちらこちらに舞います。するとAちゃん(3才8ヶ月女児)、
「わぁ〜スケートみたーい‼︎Aちゃんもスケートする〜」
と道路の上で足を滑らせスケートをしているような振りを始めました。
「ボクも。」
「Kちゃんも。」
「Rちゃんも。」
と他の子どもたちも次々に始め、
”スイスーイ”。
あっという間に 田んぼのあぜ道がスケートリンクに。
きゃぁきゃぁ わいわい
賑わい
「暑くなっちゃった」
と上着を脱ぐ子も。そんな無邪気な姿に”この子たちとの触れ合いもあと少しなんだな、、、
”としんみり(涙)。
寂しい気持ちでいっぱいです。

が、修了式には笑って送れるように残りの時間をめいいっぱい楽しもうと思います。

保育士 新井みすず(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー

 
bola deposit pulsa Sbobet www.illion.com situs khusus judi slot online judi online slot casino live skor