11月は、児童虐待防止推進月間です。

 

『オレンジリボン運動』は、『子ども虐待のない社会の実現』を目指しており、

オレンジ色は『子どもたちの明るい未来』を表しているそうです。

 

ナーサリー川口では、玄関ドアに、紙テープで“もみの木”をあしらい、

(クリスマスも近いので)お迎えにいらした保護者の方々に、

オレンジリボンをつけていただきました。

IMG_6171

IMG_6189

 

 

さて。

 

今年のナーサリー川口の『オレンジリボン運動』のリーダーは、Nスタッフです。

Nスタッフが、子どもたちにもわかりやすい『オリジナル手遊び』を作ってくれました!

パンダ組さん(2才児)たちにも、大人気!!

 

 

♪トントントン

ひっかきマンは

いたいから

ダメダメよ

 

♪つねくりマンは

いたいから

ダメダメよ

 

♪おせおせマンは

いたいから

ダメダメよ

 

♪かみつきマンは

いたいから

ダメダメよ

 

♪いいこ いいこは

うれしいから

まるよ

楽しく唄おうr

 

簡単な振りとわかりやすい歌詞が、子どもたちやスタッフたちの心を、

つかんでしまいました!

 

日常的に起きる、おもちゃや場所などの取り合い…。

そんな時、お友だちを、たたいたり、押したりしないで、『かして』って言えるかな?

『かして』って、言っても、かしてもらえない時もあるけれど、ガマンできるかな?

その時々で、大人が間に入りながら、それぞれの子どもたちの気持ちを汲み取りつつ…。

 

自分が痛いことは、お友だちも痛い。

自分がイヤなことは、お友だちもイヤ。

 

そんなことが、少しずつでも、わかってもらえれば…と、願いながら。

 

勿論。

私たちスタッフも、虐待行為は、絶対に致しません!!

 

パンダ組さんは、歌詞も覚えて、上手に歌えるので、歌ってもらってみて下さいね。

 

そして、ご家庭でも『痛いことは、しないよ』と、

話題に出していただけると、うれしいです。

IMG_6651

 

保育士 川島佳子(27)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー