7月のとある日。

 

パンダ組(2才児)のKちゃんのお母様がお迎えにいらした時、

『巨大きゅうり』を持って来て下さいました(^o^)

 

早速、次の日のおはじまりの時間に子どもたちと観察です。

 

スーパーでは絶対に売っていない特大サイズのキュウリ!

 

一人ずつ手に持ち…。

 

 

 

 

 

 

 

 

重さや感触や匂いなどを、楽しみました。

 

スタッフがカメラを向けると、なぜか頭に乗せてポーズ♪


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなこの『巨大キュウリ』が気に入ってしまい

なかなか手を離してくれませんでした…(≧∇≦)

 

 

さて。

 

この日は、『巨大キュウリ』以外にも、ゲスト?が…。

 

それは、『スズムシ』です!

 

 

 

 

 

 

 

 

30匹近く?いるでしょうか…。


 

 

 

 

 

 

 

 

まだ赤ちゃんなので、アリのように小さいです。

 

初めて見る『スズムシ』に、子どもたちは釘付けでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなの前で、エサのナスをケースに入れて、

「大きくなったら、『リーンリーン』って鳴くんだよ。楽しみだねえ」

と、お話しをしました。

 

これからも『スズムシ』の成長を子どもたちと観察していく予定です。

 

重い『巨大キュウリ』を

沢山持って来て下さったKちゃんのお母様、ありがとうございましたm(_ _)m

 

貴重な体験が出来ました!

 

 

保育士 川島佳子(16)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー