1月18日 月曜日。

東日本と北日本の各地で、大雪が降りました。

 

朝起きて、外を見たら一面の雪で、驚いたり、喜んだりの

子どもたちも、多かったことでしょう…。

 

さて。

1月19日 火曜日。

 

ナーサリー前のお庭には、まだあちらこちらに、

前日の雪が残っています。

 

そこで。

 

1、2才児さんは、雪を触りに前庭へ…。

DSCN0575

 

ステキな長靴を履いてきた2才児のKくん。

うれしくて、雪の上を小走りしています。

DSCN0495

雪を踏み、足の裏で、雪の感触を楽しんでいるようです。

 

1才児のHちゃん。

大きな雪のかたまりを、見つけました!

DSCN0511

 

スタッフが、雪うさぎやしろくま、トトロを作ると、

みんな興味津々で集まってきます。

DSCN0515

 

雪だるまの手は、アイビーの葉で…。

と、スタッフは思い、つくった雪だるまでしたが…。

 

子どもたちは、次々とアイビーの葉を雪だるまに刺してくれて…。

DSCN0540

DSCN0520

 

なんだか不思議なオブジェが、出来上がりました (≧∇≦)

DSCN0559

雪はとても冷たくて、手が少し痛かったけれど、

雪を触る子どもたちは、みんな笑顔!でした。

DSCN0576

DSCN0468

 

初めて雪を触った子どもたちも、いたかもしれませんね。

 

また雪が降ったら、雪だるまつくろう♪ね(*^o^*)

DSCN0582

 

 

保育士 川島佳子(2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー