前回の歳時記から3か月が経ちました。

年も明け、南児童センターの歳時記も丁度今回で季節を一巡り

したことになりますね♪

 

さて、今回の更新は「冬」ということで真冬の北風の中でも強く負けない

南児童センターの植物をご紹介していきたいと思います☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、児童センターの玄関口を出てすぐ右手側の花だんから。

ここには、色とりどりの「パンジー」と「アガパンサス」が植えてあります。

朝は、寒さからか下を向いているパンジーも、太陽の光をいっぱいに

浴びるとこの通りきれいな花を見せてくれます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては植え込みのゾーンへ。

ここでは、どうようの「たきび」でもおなじみの

「さざんか」が見られます。あざやかなピンク色が特徴の

可愛らしい花ですね♪「つばき」によく似ていますが、見分け方は

花の散り方だと言われています。さざんかは花びらのみが散り、

つばきは花ごと落下するそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも植え込みから「トベラ」を紹介したいと

思います。実はこのトベラ、「南児童センター 歳時記~初夏~」でも

ご紹介しているんです!今から9か月前には白くて小さな花を沢山

咲かせていたトベラですが、冬になると花は枯れて代わりに赤い実を

つけます。(この実は食べられませんのでご注意くださいね!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは最後に南児童センターのひろばにある桜の木の

様子をご紹介します。冬になる少し前には既に葉っぱも

落ちきってしまっていた桜の木でしたが、よく見てみると

桜のつぼみが枝に見え始めています!

ほんのりと春の息吹を感じさせるような光景ですね♪

春になったら、満開の桜が見られることを今から楽しみにしています。

 

木村(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー