南児童センターでは毎年、お隣のコミュニティセンターと一緒に「合同防災訓練」を行います。

今年は、「南児童センターの木工室から出火」という想定の元、避難訓練と消火訓練を

行いました。写真と共に訓練の様子をお伝えします。

 

 

コロナ禍で消防署の出動はありませんでしたが、火災報知器を鳴らすのと

119番通報は実際に行いました。

 

ごぜん11:35頃、館内に火災報知器の音が響きます。

職員が木工室に様子を見に行き、素早く事務室の職員に119番通報と館内放送の

指示を出しました。利用者さんたちにはあらかじめ、訓練を行うことを伝えて

いましたが、突然の報知器の音と職員の様子に緊迫した雰囲気が流れ始めます。

各部屋の確認と避難誘導を行い、無事に外ひろばへの避難が完了しました。

 

 

外ひろばでコミュニティセンターの職員さんとも合流し、担当の職員からお話をしました。

 

 

 

午後は水消火器と三角コーンを使って消火訓練を行いました。

火に見立てた三角コーンに向かって、消火器の水をかけて消火します。

消火器の使い方は一見難しそうに見えますが、「ピノキオ」というキーワードを

意識すると、とても簡単に使うことが出来ます。

そのキーワード「ピノキオ」とは、

「ピ=ピンを抜く」「ノ=ノズルを火に向ける」「キ=距離を取る」「オ=(レバーを)押す」

をそれぞれ指しています。

 

空気が乾燥してくるこれからの季節、特に火災が多く発生すると言われています。

何が起きても、慌てることなく避難誘導を行えるように職員一同しっかりと

訓練をしていきたいと思います。

利用者の安全を守るため、毎月避難訓練を実施しています。

機会がありましたらぜひ参加してみてください。

 

木村(13)

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー