突然ですが皆さん、11月14日が何の日か知っていますか?

正解は、「埼玉県民の日」ですね♪

明治4年に廃藩置県が行われ、同年の11月14日に「埼玉県」が誕生しました。

その100年後の昭和46年にこの日を「埼玉県民の日」と名付けたのが始まりです。

そしてなんと、来年2021年には埼玉県は生誕150周年を迎えます!

ということで、南児童センターは毎年11月14日に「県民の日企画」事業を開催しております♪

 

今年度は、埼玉県クイズをはじめ、ボッチャ体験、工作、ヨーヨーつりの各コーナーを回って様々な体験が

出来るスタンプラリー形式の事業を行いました。

乳幼児親子から小学生まで幅広く参加してくれました。

各コーナーの様子をご紹介したいと思います。

 

【県民クイズ】

埼玉県に関する二択クイズにチャレンジ☆

新しくお札の顔に選ばれた「渋沢栄一」さんの好きな食べ物は?だって!

「みそせんべい」と「オートミールクッキー」どっちかわかるかな?

他にも楽しくて学べるクイズがあったよ♪

クイズに答えてくれたお友達にはプレゼントもありました☆

 

【ヨーヨーつり】

水に浮かんだヨーヨーをひもでつってみよう!上手くつれたらお祭り気分!?

みんな自分の好きな色や模様をゲットして大満足でした♪

【工作】

工作は簡単に作れる「プラカップランタン」でした♪

プラカップにシールを貼って、モールの取っ手を付けたら自分だけのランタンの完成☆

ライトのスイッチを入れるとほんのり光る明かりがとってもきれい…!

【ボッチャ体験】

パラリンピックの公式競技にも選ばれている「ボッチャ」を体験しました。

白いボールの的に向かって赤チームと青チームのボールを投げて得点を競います。

簡単だけどとっても奥深いスポーツに幼児から小学生までみんな夢中…‼

白いボールの一番近くに投げられるのは赤チームかな?青チームかな?

ボランティアとして来てくださった講師の先生から優しく投げ方を教わりながら

白熱のゲームが繰り広げられました♪

クイズを考えたり、体をいっぱい動かしたり、お祭りみたいで大満足の県民の日企画でしたね☆

来年はとうとう埼玉県生誕150周年…。南児童センターでは、どんな県民の企画を行うのか

楽しみにお待ちください!!

 

木村(9)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー