もうすぐ菖蒲(端午)の節句ですね。

トイレットペーパーの芯(しん)をつかった、ふきながしと3種類のこいのぼりです。

お好みにあわせて作ってみてください。

 

材料

トイレットペーパーの芯(しん)、おりがみなど、クレヨンや色えんぴつ、のり、テープ、毛糸やひも

 

【ふきながし】

トイレットペーパーの芯のはし3㎝ほどのこして5等分のきりこみをいれます。

5色(あか、きいろ、あお、しろ、くろ)のおりがみをはります。

※おりがみがなければ、色をぬってもいいと思います。

※ふきながしには、子どもを悪いものから守るまよけの意味もあるようです。

【こいのぼり】

トイレットペーパーの芯のはしを切って、こいのぼりの形を作ります。

①クレヨンや色えんぴつで色をぬる。

②おりがみや広告の紙などをちぎってはる。

③おりがみや広告の紙などをまく。

それぞれに目やうろこをつける。

ふきながし、こいのぼり、それぞれに毛糸やひもなどをとおして中でテープでとめ、つりさげられるようにする。

できあがり

なかなか外には出かけられませんが、おうちにあるもので作ってみてくださいね。

こあらサロン担当 大河原(1)・浅水(2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー