こんにちは。

ようやく学校も再開されましたね。

まだまだ通常通りとはいきませんが、学校に行き、お友達と会うだけで、心がウキウキしますね!

 

今回は、「トイシンロケットの発射台」の作り方をご紹介します。

新聞紙やわりばし、輪ゴムでつくります。

飛ばすのはトイレットペーパーの芯(トイシン)です。

家にあるもので作れますので、ぜひ作って遊んでみてくださいね。

 

工程は大きく分けて

★新聞紙で棒を作る★

★わりばしでパーツを作る★

★新聞紙の棒とわりばしのパーツを組み合わせる★

この3つです。

 

★新聞紙で棒を作る★

① 新聞紙1枚半を重ねる

 

② 真ん中に向かって折る

③ 半分に折り、丸める

④ A4サイズの紙を縦半分に切る(使うのは半分だけ)

⑤ 紙の中におさまるように置き、巻いて、セロテープで止める

※新聞紙のままだと破れる可能性と、手が汚れる可能性があるため、紙を巻きます

⑥ 紙が余った部分を切り込んでたたみ、ビニールテープでとめる

 

⑦ ⑥のテープが取れないよう、1周ぐるりとビニールテープを巻く

⑧ 片側に穴をあける(大人の方が行ってください)

⑨ あけた穴にひもを通してむすぶ

 

★わりばしでパーツを作る★

① 半分に切ったわりばしに輪ゴムをかけ、くぐらせて止める

② ①と同様に、もう1本輪ゴムをつなぐ

※家の中で飛ばしても危なくないよう、輪ゴムを2本つないでいますが、公園などで力強く飛ばしたい場合は、2本目をつながず、そのままで使います。

 

★新聞紙の棒とわりばしのパーツを組み合わせる★

今度はひもに輪ゴムをつなぎます。

① 輪ゴムをひもに通す

② かけた輪ゴムにわりばしを片側からくぐらせて通す。

 

できあがりです。

 

ひもがついている方からトイレットペーパーの芯を差し込むと、わりばしで勝手に引っ掛かります。

ギリギリまで引っ張って、手を離すと飛んでいきます。

下の写真のロケットは、トイレットペーパーの芯に折り紙を巻いて、はね(?)をつけたものです。

 

ロケットにこだわらず、オリジナルで好きな形や好きな模様にして作ってみてね。

作るのが苦手な方は、トイレットペーパーの芯のままでも大丈夫です。

 

早稲田児童センター 山中(2)

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー