みなさんは高等学校で金融教育がスタートしたことをご存知でしょうか?

法律の改正で成人年齢が18歳となったことなどが理由だそうですが、

これからは家庭で子どもとしっかりお金の話をする必要がありそうです。

そのきっかけになればと、某保険会社さんのご協力で「子どもに教えたい お金の教育セミナー」を初めて開催しました。

講師としてファイナンシャルプランナーさんに来ていただき、セミナーに参加されたのは、主に小学生をお持ちの保護者の8名で、皆さんとても熱心にお話を聞いていました。

今回は、子どもに直接教えるのではなく、保護者に日頃の教え方や取り組み方を学んでいただく内容でしたが、

その中でも、年齢に応じてお金の使い方や貯め方などを学ぶ方法はとても分かりやすく、私も15年くらい前に聞いていれば家庭で実践したいものでした。

講師のお二方には、セミナー終了後も、個別に参加者の相談に乗っていただき、参加者にとってはとても有意義な時間だったようです。

お金は自分自身に一生付きまとうもので、とても重要なものにも関わらず、なかなか学ぶ機会がないものでもあります。

今回のご縁を期に、引き続きこのような機会を設けていきたいと思います。

ちなみに次回は「ライフプランニング」をテーマに開催する予定です。

吉野勝(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー

 
megasloto