日時:1月27日(日) 15:00~15:45

場所:プラネタリウム室

参加者:幼児7人 大人8人

 

当館のプラネタリウム投影は開館日平日1回、祝祭日は3回(13:30~はドームシアター上映)行います。

祝祭日は親子でプラネタリウムをご覧になる家族が多く、賑わっています。

 

星や宇宙に興味がある子や大人だけでなく、幼少期に見て以来久しぶりの投影に心躍らせる方、

仲良しのお友達と同じ空間を楽しむ子など実に様々です。

 

プラネタリムのチケットを購入した5歳の女の子とおじいちゃん。

投影開始まで貸し出しおもちゃの「落書きボードペン」を借りて遊んでいました。

ボードに少しづつ増えていく星・・

あっという間にボード一面が星で埋め尽くされました。

それから

「この星はお母さん星!お父さん星!じいじ星に・・」

嬉しそうに解説する姿はさながらプラネタリム投影者でした。

 

プラネタリウムを見終えて

「エンケラドスが面白かった!」

星の解説後に上映されるアニメーション番組「エンケラドス人探しどす」を気に入ってくれました。

 

土星の衛星「エンケラドス」を舞台に4人の男女が未知の冒険に挑むこの番組。

子どもたちにとっては「魔法のことば」の一言に毎回笑いが起こります。

 

番組は平成31年4月下旬まで投影予定です。

是非ご覧ください。

 

保育士 大熊良太(2)

 

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー