日時:5月19日(土) 19:00~20:30

場所:観望室

参加者:子ども10人 大人17人

  

4月に引き続いて第2回天体観望会が行われました!毎月第3土曜日19時から実施しています!

観望会は幼児から大人まで誰でも気軽に参加できます!(中学生以下要保護者同伴)

当館観測室の口径15センチ大型屈折式望遠鏡を使って行います。望遠鏡は全長2m50cm!お値段何と〇百万円・・

専門家が使用するサイズで一般ではめったにさわることができません。ドーム型の当館観測室はまさに天文台のようです。

 

今年は火星大接近や金星・木星・土星・火星・月が一緒に見れるなど天文への注目が高まる年です。

展望会にも隣の町から車で参加してくれたご家族がありました。息を切らせながら玄関で元気に挨拶をしてくれる子どもの姿もありました。

天候にも恵まれて月の観望から始まり、木星や金星、春の星座牛飼い座の一等星アルクトゥールス、しし座の一等星レグルスを観望しました。一等とは星の明るさを指します。

望遠鏡を通して星の色の違いを実際に見て、驚きの声が上がっていました。

見終わってお父さんが

「感動した!月が近かったなぁ!」

興奮した様子で階段を降りてきました。子どもも

「お月様がへこんでた!」「星がオレンジだった!」

その様子を後ろから微笑ましそうに見守るお母さんの姿がありました。

 

夜のわくわくした興奮と共に星や宇宙への興味・関心をもつきっかけになればと思います。

さらに入間出身の天文家や宇宙飛行士など夢を広げてもらいたいです。

次回の観望会は是非お越し下さい!お待ちしております!

 

保育士 大熊良太(2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー