利用者支援事業「卒乳講座」   2020年9月4日(金)

参加者:14組28名

昨年度末に出張講座として実施予定だった「卒乳講座」でしたが、

新型コロナウィルス感染拡大防止により、中止となってしまいました。

今回ようやく、こんどう助産院の近藤直子氏にお話しを伺うことができました。

 

 

☆自然卒乳とは

「お子さんが決める」ので2歳、3歳、4歳、5歳OKです。

ご自身の体調さえ良ければおっぱいを続けてください。

周囲から1歳になったら卒乳、ということを聞いておっぱいをやめなくちゃ、

と思っていたとしたらもったいない!

海外の卒乳時期の平均は4歳~

 

 

 

 

☆言い聞かせ卒乳

「おっぱいやめてみる?」

何週間~1か月前 カレンダーなどに〇をつけてやめる時を意識づける。

※おっぱいに何か描いたり、刺激物を塗ったりはお勧めしません。

 

☆卒乳日から3日目のアクシデント

お子さんが体調を崩した場合はとりあえず今まで通りに戻します。

大泣きが2日間続くのは心の限界です。3日目には母乳を再開しましょう。

いったん終了し、また別日に改めて考えましょう。

 

以上が大まかなお話しでした。

 

 

 

お母さん方からはたくさんの質問がありました。

 

Q.寝かしつけはおっぱいで大丈夫?

A.虫歯が心配な方はいらっしゃると思いますが、おっぱいの糖は乳糖、

これは虫歯の心配はいりません。ごはんやおやつなどのしょ糖が虫歯になりやすい糖です。

 

Q.家にいると1時間に何回もおっぱいになってしまいます、大丈夫でしょうか?

A.コロナ禍で大人はもとより、お子さんも周りの状況に不安になっていることも多いです。

お子さんとのスキンシップと思ってみてください。

回数が多いことは問題ありません。お母さんの体調などで続けることが無理な場合は

言い聞かせ卒乳を考えてみてはいかがでしょうか。

 

Q.薬を飲んだ後のおっぱいはどうしたら良いでしょうか?

A.一般的な市販薬(風邪薬、頭痛薬など)は飲んだ後のおっぱいは問題ありません。

処方された薬については医師に聞きましょう。

 

まだまだたくさんの質問があり、講座修了後には個別に相談も受けていただき

不安の解消につながったお母さんも多かったようです。

 

感想及びアンケートから

・1歳過ぎての母乳育児について、背中を押してもらえたようで安心しました。

・そろそろ卒乳を考えていたのですが、今日話を聞いて、子どもが必要なくなるまで

母乳をあげてみようかなと思いました。

・卒乳するか悩んでいましたが、今日のお話しを聞いて焦らなくてもいいのかな、と思いました。

1歳4か月でまだおっぱいを欲しがりますが、気長にやっていこうと思います。

・今悩んでいることの答えが出てよかった。先生のお話しもわかりやすく、安心感があり良かったです。

 

お母さん方はご自身のやり方や考えで大丈夫なのか心配している方が多いよう

でしたが、先生の優しい口調と雰囲気、わかりやすいお話しでだいぶ

安心されたことがアンケートからもわかりました。

 

講座とは別件ですが、遊びに来てくれていた親子さんから「今日、近藤先生いらしてるんですか?

うちの子、近藤先生に取り上げてもらったんです‼」というとっても嬉しい再会の場面にスタッフも

立ち会うことができ、感激してしまいました。

 

今年度はコロナの影響でなかなか講座を開くことが難しくなっていますが、

出来る中での親子の支援に取り組みたいと思います。

 

保育士 佐藤和子(6)

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー