南小屋上ファーム~”さつまいも”の苗植え~

幼児1人・小学生7人・大人8人参加

 

5月27日 ”さつまいも”の苗を植えました。

開始前に空が暗くなり雨が降ってきましたが、通り雨なのかすぐに晴れてきました。

地域ボランティア井原さんの指導のもと、親子で畑を耕し畝を作って準備しました。

小学生の女の子は、

「腰が痛い~」

といいながらも根気強く鍬を使い、手で雑草の根っこを抜き、石を畑の外へよけています。

そんな中4年生の女子から、

「やっぱり、楽しい!」

と言う声が聞こえてきたので聞いてみると、

おじいさんの畑を手伝っているとの事でした。何を作っているか尋ねると、

「大根、なす、きゅうり、トマト・・・」嬉しそうにポンポンとリズムよく返してくれました。

 

みんなで作った畝に、幼児さんも一緒にみんなで苗を植えました。

井原さんの提案で、苗を縦と横に植え分けて成長を観察していくことにしました。

「どうなるんだろう!」

「さつまいも早く食べたいな!」

「楽しみ!」

目を輝かせて植えた苗を見つめていました。

 

最後は頑張ったご褒美に、井原さんから畑の収穫物が配られました。

「たまねぎ、晩御飯にサラダにする!」

「ニラがあると助かる!」

「これがにんにくか!」

根っこに鼻を押し当ててにおいをかいで、

「新鮮なにおいがする!」

大満足の一日になりました。

 

元気なさつまいもになるように、これからお世話を続けていきましょう!

ご協力いただいた井原さん、サポーターの皆様有難うございました。

保育士 大熊良太(2)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー