8月30日(金)夏休み工作教室②

夢のお部屋をつくってみよう

参加人数 小学生9名 中学生1名

 

女性建築士の会「ほっとすまいる」さんのご協力で今回は夢のお部屋つくりを行いました。

今回は小学生が8名、中学生が1名、全員が初参加!!

真剣に作り方の説明を聞いていました。

  

まずはダンボールで作ったお部屋に自分の好きな壁紙と床を選びます。

ゆっくり時間をかけて悩んでいる子もいれば、あっという間に選んでいる子・・・

選び終わるとみんなイメージが浮かんでくるようでした。

たくさんある材料の中からイメージに合った物を探し、考え、工夫をして

だんだん理想のお部屋に近づいていきました。

           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、考え込んでいるお子さんには

「あなたは部屋のどこにいるの?」

「どんなお部屋にしたいの?」

と聞き、イメージが膨らむようなアドバイスをしてくれました。

 

 

 

 

 

 

「ここにはベットを置きたい」

「囲炉裏のあるお部屋にしたい」

「海の家のようなイメージにしたい」

夢が広がり、作っている子どもたちの生き生きとした表情がとても印象的でした。

 

囲炉裏のあるお部屋を作りたいと黙々と作業をしていた5年生の女子

木材をたくさん利用したり

毛糸で指あみをして素敵なハンモックが出来上がりました。

器用さとアイディアに驚きました。

 

 

 

 

あっという間の2時間!!

素敵なお部屋の完成です!!

最後にはみんなで作品の発表をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「難しかったけど、思いついたことを自由に作ることができてとても楽しかった」

「他の子の作品を見てすごいなあと思いました」

など、子どもたちの感想を聞くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

ほっとすまいるの皆さんからも

「建築に少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです」

「また、来年も参加してくださいね」とお話ししていただきました。

子ども達は達成感を感じ、満足した様子で大事に持って帰って行きました。

夏休み最後に素敵な思い出になったことでしょう。

ほっとすまいるの皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

 

保育士   佐藤和恵(5)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー