川口市立戸塚児童センターあすぱる「点字教室」

2018年8月8日(水) 13:30~15:00

 

あすぱるでは今年も、安田さんにご協力いただき点字教室を開催しました。

自分の名前を点字で打ち、名刺を作ります。

今回は5人の小学生と2人のお母さん、私も参加させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは点字を打つ順番から学んでいきます。

点字は縦3点、横2点の6つの組み合わせからなる表音文字で、

右上から1の点、2の点、3の点、左上から4の点、5の点、6の点と呼びます。

 

点字定規で紙をはさみ、へこんだ部分に合わせてピンを打ち点字を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「穴をあけるのに少し力がいるね」と女の子。

 

次に基本の あいうえお の打ち方を教わりました。

かきくけこ、さしすせそ、、、と順に教わっていくと

 

徐々に仕組みを理解してすらすら書けるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

書き方が分かったところでいよいよ名刺作りです。

書きやすいように点字一覧表ももらい、そこから自分の名前に使うものを探します。

 

名刺サイズの紙に、丁寧に名前を書いていきます。

名刺に自分の小学校名を打つ子もいました。

できた名刺は安田さんに名刺を読んでもらい、正しく書けているかどうか確かめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「みなさんとっても上手に書けていますね!」

 

 

また、「自分の名前が書けたら、お友達の名前も作ってみてね」と言われ、

9人もの名前を書いてくれた女の子もいました。

点字の組み合わせの覚え方など、今日教わったことを一生懸命メモする子も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

点字教室の最後には「50音を覚えられて良かった」と子ども達は大満足。

「自分も小さい頃点字を習う機会があり、子どもにもと思い参加しました」

とおっしゃるお母さんもいました。

 

点字教室が終わった後、参加してくれた女の子が

目をキラキラさせながら「こっちきてー!」というので見に行くと、

さっそく、あすぱるのエレベーターに書いてある点字を

「し、た、って書いてある!こっちは、よ、ん、か、い、だね!」

と、点字を暗号のように読むことができました。

すぐに点字を習得した子どもたちの姿を見ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段の生活の様々な場所にある点字に興味を持つきっかけになり、

目が見えなくてもたくましく生きる安田さんとの出会いは、子どもたちにとって貴重な経験となりました。

楽しく点字を教えていただいた安田さん、ご協力ありがとうございました。

 

児童厚生員  三浦 千知(2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー