5月24日(土)10:00~12:00、13:00~15:00
小学生40名 大人25名 ボランティア10名

埼玉大学教育学部の准教授の野村先生が あすぱるに出向いて、
用意して下さったイベントです。

このイベントはとても人気があり、

すぐに定員いっぱいの予約が入るほどでした。

10名の大学生がボランティアで来てくださいました。

生徒さんが進行していきます。

DSCF8432

「ロボットと言えば、みなさん何が浮かびますか?」

「自動で動く機械!」

ドラえもんなど、子どもらしい返事を期待していた

学生さんは少し驚いたようでした。

「人ができないことを支えてくれるのがロボットです。」

ロボットについて大事な説明をしてくださいました。

クイズの後はみんなでロボット作りです。

「みなさんに作ってもらうのはこちらです。」

と学生がみんなに見えるように見本を見せてくれました。

DSCF8439

配られた説明書を見たり、 学生に教わりながら進めていきます。

DSCF8449

作り終えて動作確認で悩んでしまっている子には

「なんで動かないと思う?」

「色んな角度から見て考えてみよう。」

と声をかける学生の姿もありました。

DSCF8457

「あっガムテープが足りないんだ!!」

自分なりに答えを出した小学生は、 作ったロボットを少し分解し、

改善を試みていました。

手にしゃもじを当てて その動きを観察している子もいました。

DSCF8462

 

「ゆっくりやって~」

「時間はいっぱいあるよー」

「悩んでみてー」

学生がみんなに呼びかけ、じっくりと ロボット作りに

没頭する事が出来ました。

ガムテープの位置を変えてみたり、

ストローの関節を作り直してみたり、 みんなそれぞれ、

ロボットと向き合っていました。

DSCF8470

したい動きをさせる為にどうしたらいいか。

少し、変えてはまた確認。また直しては確認。

納得するまで試行錯誤を繰り返します。

しばらくすると、

「えっ、これは見本?」

と思うくらい曲がる方向、曲がり具合の バッチリな子もいました。

DSCF8482

 

 

午後は、コンピューターでロボットを動かします。

参加する小学生は、 席に用意されたパソコン、

ブロックを目の前にして 始まるまで待ちきれない様子です。

DSCF8514

「このパソコン何に使うんだろうね」

と尋ねるとと、

「きっと遠隔操作だー」

とイメージいっぱいに待っていました。

始まって、早速ロボットの登場です。

みんな前のめりで、ロボットを観察します。

DSCF8523

「回転して動くんだ!」

動きを分析している子もいました。

見本を見せてもらったあとは製作タイム。

「これはきっとタイヤの部分だ」

と予想しながら作業をしたり、

DSCF8536

初めて触る基盤におっかなびっくりに触れる子もいました。

DSCF8569

 

ロボットを作った後はパソコンで 命令を作っていきます。

DSCF8583

出来たあとは、コンピュータとロボットをコードで 繋いで完成。

次々とみんなが作ったロボットが動き出し、 部屋は子どもたちの歓声と、 モーター音でいっぱいになりました。

終わりの挨拶で、

「ロボットに興味が出てきた人?」

参加者みんなが手を挙げます。

「その気持ちを忘れないでください。」

と学生さんの思いの籠った言葉で終わりました。

6月28日のイベントもどうぞ宜しくお願い致します。

児童厚生員 池田幸司(4)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー